【最終手段】ユナイテッド航空のマイルを購入する方法を大公開!

ユナイテッド航空の特典航空券を予約したいけど、あとちょっとマイル が足りない!という経験はありませんか?

マイルが足りない場合は、マイルをコツコツ貯めるという思考から購入するという思考にシフトチェンジしましょう!

マイルを貯めることだけに意識を向けるのではなく、マイルを購入して特典航空券を予約する方法もあるということを知っていると簡単に特典航空券を予約することができるのでおすすめです!

今回はユナイテッド航空のマイルの主な購方法をご紹介していきます!

ユナイテッド航空のマイルの主な購入先

ユナイテッド航空ボーイング747

ここではユナイテッド航空のマイルの主な購入先を厳選して3つご紹介していきます!

ユナイテッド航空公式サイト

実はユナイテッド航空のマイルは公式サイトより直接購入することができます。

JALやANAといった日系の航空会社ではあり得ない話なのですが、アメリカやヨーロッパの航空会社の場合、航空会社が直接マイルの販売をすることはよくあります。

ユナイテッド航空の特典航空券を予約するために必要とされる特典マイル数のうち最大で50%を購入することができます。

購入方法は非常に簡単です。

まずはユナイテッド航空のマイレージプラスのサイトにアクセスします。サイトのアクセスはこちら

マイレージプラス

アクセスするとこのようなページが出てくるので右上にある「language」から日本語を選択します。

マイレージプラス

次にページを下にスクロールして行くと、マイルを購入という項目が出るので「ご自身のためのマイル購入」をクリック!

そうすると、マイレージプラス会員の会員番号とパスワードを求められるので入力します。

マイレージプラス購入画面

そうすると、このような画面が出ます。セレクトバーをタップすると、獲得マイル数と購入金額が出現します。

ユナイテッド航空のマイル単価は通常1,000マイル当たり35米ドルです。2019年6月2日現在の為替レートを見てみると、1ドル108円程度なので、3780円程度で購入することができます。

マイルを購入する場合は、最低2,000マイル購入する必要があり、別途手数料と税金が発生します。

上の画像に表示されているように、タイミングが良いと購入マイル数に応じてボーナスマイルを進呈してくれるキャンペーンを行うことがあります。

ちなみに2019年6月2日現在だと最大でプラス75%分のボーナスマイルを獲得できる状況です。
普段はどんなによくてもプラス50%ボーナスマイルのキャンペーンがほとんどなので激アツなイベントと言っても過言ではないです!

購入マイル数に応じたボーナスマイル数を図に表すと、以下のようになります。

購入マイル数 ボーナスマイル数
5,000~14,000 プラス25%分のマイルを進呈
15,000~29,000 プラス50%分のマイルを進呈
30,000~100,000 プラス75%分のマイルを進呈

100,000マイルを購入すると、ボーナスマイルで75,000マイル獲得することができるので、約38万円で175,000マイル獲得できるということになります。

日本⇆アメリカ路線の往復ビジネスクラスの特典航空券を予約するめに必要なマイル数が160,000マイルなので38万円でアメリカ路線のビジネスクラスの航空券を購入できます。

試しにスカイスキャナーで東京⇆ニューヨーク路線を検索してみると、

スカイスキャナー東京⇆ニューヨーク路線料金

往復で100万円以上かかるようです。

たった38万円で日本⇆アメリカ路線のビジネスクラスを予約することができるならかなりお得ですよね!

また、ユナイテッド航空のマイルはマイルを購入するだけでなく、マイルを誰かにプレゼントしたり、有効期限が過ぎて失効してしまったマイルを手数料を支払うことによって復活させることができるなど、日系航空会社にはない魅力的なサービスが数多くあるのでサービスを利用してみるのもいいですよ!

ヤフオク

ユナイテッド航空のマイルはヤフオク等のオークションでも販売されています。

試しにヤフオクで検索をしてみると、

ユナイテッド航空マイルヤフオク

このようにユナイテッド航空のマイル が販売されていました。

こちらの出品者の方はユナイテッド航空のマイルを1,000マイル単位から販売しており、特典航空券引き換えのマイル数まであとちょっと足りない!

といった場合、重宝しそうですね。マイルの積算タイミングは支払いから8~10日後と即日加算ではないので余裕を持ってマイル を購入することをおすすめします。

海外のマイル販売サイトで購入する

海外マイル販売サイト

海外のサイトにはマイル販売を行っているサイトが複数あります。

海外のマイル販売サイトの方がユナイテッド航空の公式サイトやヤフオクに比べ安く購入できる場合も多いのですが、サイトによっては購入する前にサイト運営者と連絡を取ったり、マイルを購入したはずなのにマイルが反映されないなど、トラブルが多いのも事実なのであまりおすすめできません。

クレジットカード決済でカードのデータが漏れ、不正利用なんてされたら最悪ですし...

私のサイトを見て、実際に海外のマイル販売のサイトを利用したけど騙されてしまった...なんて思いはして欲しくないので
ここでは詳しい情報は控えさせていただきます。

どうしても海外のサイト経由でマイルを購入したい!という方は他のブロガーさんの記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ユナイテッド航空のマイルを購入して最短で特典航空券と交換しよう!

ユナイテッド航空ロゴ

今回はユナイテッド航空のマイルの購入方法をご紹介してきました。

今回ご紹介した購入方法の中で特におすすめの方法は、ユナイテッド航空公式サイトから購入する方法です。

ユナイテッド航空は定期的にキャンペーンを実施しており、購入マイル数に応じて最大75%分のボーナスマイルを獲得することができます。

キャンペーンの時期にマイルを大量に購入すれば、スカイスキャナー等で出てくる最低運賃の三分の一程度の金額でアメリカやヨーロッパのビジネスクラスの特典航空券を予約することができます。

ぜひ、ユナイテッド航空のサイトを定期的にチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

ユナイテッド航空のマイルを効率良く貯めるならMileagePlus カード発行がおすすめ!

ユナイテッド航空のマイルは日系の航空会社のマイルに比べて、マイルを貯めることはなかなか大変。

アメリカ路線を頻繁に利用するわけでもないし、ポイントサイト経由でマイルを貯める方法も還元率が悪く効率的な稼ぎ方は言い難い...

そんな日本国内でユナイテッド航空のマイルを爆速で貯めるなら、ユナイテッド航空と提携しているクレジットカードを発行し、日々の生活費やショッピングのお支払いで貯めていく方法が鉄板!

その中でもおすすめのカードがMileagePlus JCBカードです。

MileagePlus JCBカードの特徴を簡単に説明すると以下の通り。

MileagePlus JCBカードのここがすごい
  • ユナイテッドマイルの有効期限が無期限になる
  • 100円につき最大1.5マイル付与
  • ユナイテッド航空の航空券を購入する場合、マイル獲得数が2倍
  • JCBプラザラウンジへのアクセス可能  
  • 貯めたマイルはユナイテッドとANAの特典航空券と交換可能
  • 最大1億円の海外旅行保険
  • ゴールドカード発行の場合、「ラウンジ・キー」を利用できる

とくに注目すべきポイントは、「マイルの有効期限が無期限」と「100円につき最大1.5マイル」付与といったポイント。

マイルの有効期限が無期限

MileagePlus JCBカードは、クラシック、一般、ゴールドカードと3種類のタイプがありますが、共通点としてマイルの有効期限が無期限です。
日系の航空会社が提供しているクレカは、マイルの有効期限を無期限にしているクレカは少なく、自分のペースでマイルを貯めることができる点はかなり大きいですよ。

こつこつ貯めてきたマイルが失効されてしまうといった恐怖を感じる必要もありません!

100円につき最大1.5マイル

また、100円につき最大1.5マイルの還元率の内訳は以下の通り。

クラシックカード 一般カード ゴールドカード
200円(税込)につき1マイル 100円(税込)につき1マイル 100円(税込)につき1.5マイル

クラシックカードを発行してしまうと、恩恵が少ないので、最低一般カードを発行したいところ。

発行するのであれば、最低100円につき1マイル貯まる一般カードの発行をおすすめします。

なぜいまユナイテッド航空のマイルが注目されているのか?

ユナイテッド航空のマイルがなぜいま注目されているのかというと、航空券の燃油サーチャージ代が過去最高規模で高騰していることが背景にあります。

2022年6月以降は、世界的な原油高高騰を背景に、燃油サーチャージ代が過去最高を更新。

例えば、ANAマイルを利用して東京⇄シンガポール間の特典航空券を発券する場合、マイル以外にかかる費用として、燃油サーチャージ代や空港利用税などを含めて2万円弱で収まっていました。

2022年現在予約すると、6万円以上の燃油サーチャージ台と空港税が発生します。
せっかくお得に旅行を楽しむためにマイルをこつこつ貯めてきたのに、燃油サーチャージ代が高すぎて海外旅行に行けないのでは、マイルを貯める意味がありません。

ですが、ユナイテッド航空のマイルを使った特典航空券の発券の場合は、燃油サーチャージ代がゼロ。
発生するのは手数料と空港使用税のみ。

そのため、よりお得に特典航空券を発券できることから、注目度を高めているマイルなんです!

ぜひ、この機会にユナイテッド航空のマイルを使ってお得に特典航空券の発券をしましょう!

新規入会キャンペーン情報

さらに2022年12月15日(木)までの期間限定で最大26,500マイル獲得できる入会キャンペーンを実施中。
入会ボーナスマイルに加えて、指定利用期間内に一定のお支払いをするとボーナスマイルを獲得できます。

キャンペーンの詳細をカード毎に分類すると下記の通りです。

特典内容 クラシックカード 一般カード ゴールドカード
初年度年会費 1,375円 5,500円 16,500円
入会ボーナスマイル 1,000マイル 4,000マイル 7,500マイル
利用ボーナスマイル 10万円以上の決済で1,000マイル 30万円以上の決済で3,000マイル 60万円以上の決済で10,000マイル
利用ボーナスマイル達成時の通常マイル 500マイル(200円=1マイル) 3000マイル(100円=1マイル) 9000マイル(100円=1.5マイル)
獲得合計マイル数 2,500マイル 10,000マイル 26,500マイル

利用ボーナスマイルの利用期間と付与期間は下記の通りです。
ボーナスマイルはどの時期に達成しても2023年6月末を目処にユナイテッド航空のマイレージアカウントに付与される予定です。

ボーナスマイルの利用期間

・2022年9月入会の場合、2023年1月15日(日)までの決済
・2022年10月入会の場合、2023年2月15日(水)までの決済
・2022年11月入会の場合、2023年3月15日(水)までの決済
・2022年12月入会の場合、2023年4月15日(日)までの決済

ゴールドカードは年会費16,500円と少しお高めの設定ですが、入会キャンペーンの条件を達成すれば最大26,500マイルも獲得できます!
仮に26,500マイル獲得できれば、日本⇄東南アジアのエコノミークラスの特典航空券片道を発券できる程度のマイル数になります!

ユナイテッド航空のマイルを爆速で稼ぎたい!という方は、入会キャンペーンも上手く活用してMileagePlus JCBカードの発行をおすすめします!

MileagePlus JCBカードのお申し込みはこちらから