【2022年版】ウェスティンホテル東京のエグゼクティブラウンジを詳しくご紹介

ウェスティン東京のエグゼクティブラウンジでは1日を通して、無料で軽食やアルコールなどを楽しめます。

「コロナ渦によるラウンジのサービスはどうなっている?」「カクテルタイムに提供されるアルコール類や軽食のクオリティは高い?」など疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、2022年版ウェスティンホテル東京のエグゼクティブラウンジの訪問記をお届け。

結論、エグゼクティブラウンジの満足度は非常に高いです!

スポンサードリンク

エグゼクティブラウンジへの入室条件

エグゼクティブラウンジへ入室するためには、3通り方法があります。

ラウンジへのアクセス条件
①エグゼクティブフロアの客室を予約
②スイートルーム以上の客室を予約。
③マリオネットボンヴォイプラチナエリート会員以上であること。

いずれのどれかを満たせば、ラウンジへの入室が可能です。

私はマリオットボンヴォイのプラチナエリートのため、予約したお部屋に関わらず、無料でラウンジを利用できました。

また、エグゼクティブフロアやマリオットボンヴォイのプラチナエリート以上の会員ではない場合も別途追加料金を支払うことでラウンジの利用は可能です。

発生する追加料金は下記の通り。

エグゼクティブラウンジのビジター料金
・事前予約の場合→18,045円(税・サ込)
・当日の場合→12,430円(税・サ込)

宿泊日当日にエグゼクティブフロアのキャパに対して空きがあれば、12,430円と事前予約と比べて割安料金となっています。
ただ、確実に入れる保証は無いため、どうしても利用されたい場合は事前予約をおすすめします。

スポンサーリンク

エグゼクティブラウンジのタイムスケジュール

エグゼクティブラウンジのタイムスケジュールは下記の通りです。

ライトスナッククッキーやチョコレート、ソフトドリンクなど7:00〜20:00
ティータイムお茶菓子セット、クッキーやチョコレート、コーヒー/紅茶など14:00〜16:00
カクテルタイムプレート形式の軽食、アルコール・ソフトドリンクなど17:00〜19:00
朝食ビュッフェ形式の朝食7:00〜10:30

 

エグゼクティブラウンジの様子

エグゼクティブラウンジはホテルの17階に位置しています。
ラウンジの入り口でスタッフの方にお部屋の番号を伝え、ラウンジ内へと進んでいきます。

 

ラウンジ内は、客室同様、青色の絨毯が敷き詰められており、ヨーロピアンクラシカルな内装。
非日常感を感じる空間です。

 

今回は繁忙期ではない、通常の平日に宿泊したのですが、ラウンジ内はそこまで混雑しておらず、終日リラックスした時間を過ごせました。

 

ラウンジからは、港区方面の景色を楽しめます。
少し遠くには、東京タワーも見えます。
周囲に高層ビルが無いため、眺望に圧迫感が無く、17階という中層階に位置していないがらも東京のパノラマビューを楽しめます◎

 

ホテル滞在翌日は、東京で4年ぶりの豪雪日となり、東京都内が白銀の世界になりました。

フードプレゼンテーション

ここからは計4回のフードプレゼンテーションについて詳しくご紹介します。
※ライトスナックに関しては終日提供されるお菓子やソフトドリンクに変化が無いため、ティータイムの項目でまとめてご紹介します。

ティータイム

ティータイムになると、スタッフの方がスイーツの入った小さな3段のお重を持ってきてくれます。スイーツの内容は下記の通りです。

ティータイムの内容
・サンドウィッチ2種類(ハム・サーモン)
・アップルパイ
・ブルーベリーパイ
・ベリーのエクレア
・ミルクチョコレートのシュークリーム
・チョコレート

コーヒーや紅茶のおやつにぴったりの内容です。とくにアップルパイとブルベリーパイが絶品でした◎

 

テーブルで提供されているお菓子類に関しては終日いただけます。ロータスのキャラメルビスケットなど。

 

マドレーヌやチョコレート類。

 

甘党の方には嬉しい、シュガードーナッツやチュロスなども置かれています。
どれもホテル1階にあるオールデイ・レストラン「ザ・ベランダ」で作られたものです。
ブラックコーヒーのおやつによく合います。
市販のものではないため、どれもクオリティが高く非常に美味しかったです。

 

 

紅茶はトワイニングス。スーパーでもよく販売されているもの。
フレーバーは全6種類。

また撮影し忘れてしまいましたが、コーヒーマシーンの用意もあり、アメリカンコーヒーやエスプレッソ、カフェラテなどもボタン一つで作れます。

コーヒーや紅茶をおかわりしようとすると「お飲み物は何がよろしいですか。」スタッフの方が積極的に声を掛けてくださり非常に好感が持てましました。

 

冷蔵庫の中には、ソフトドリンク類があります。
レッドブルが入っていたのは意外でした(笑)

 

アイスコーヒーやフレッシュジュースなどはラウンジ中央のテーブルにあります。

カクテルタイム

カクテルタイムでは、プレート式の軽食が提供されます。メニューは下記の通り。

カクテルタイムの軽食セット内容
・サラミ
・鴨のロースト
・ピクルス
・3種のチーズ
・いなり寿司と巻き寿司
・サーモンのマリネ
・ハム
・クリームチーズのパイ

どのお料理もワインやビールに合うような軽食ばかり。
一つ一つ丁寧な作りをしており、味については申し分なしです。
ただし、提供される量はあくまで軽食レベル。夜ご飯代わりになるのは難しいと思います。

カクテルタイムの軽食でお腹を十分に満たしたいという方は、東京マリオット ホテルのエグゼクティブラウンジがおすすめ。夜ご飯にぴったりなパスタやサラダ、ローストポークなどのメニューが数多く揃ってあり、大満足の内容となっています。

東京マリオットホテル エグゼクティブラウンジ訪問記はこちら

 

また、カクテルタイムでは、テーブルにはお菓子だけではなく、お酒のおつまみに合うようなスナック・ナッツ類が市販で販売されている通常サイズで提供されれていました。

なかなか太っ腹ですね!

 

成城石井でよく見かけるジャーキーなども置かれていました。
ビールのおつまみにぴったり◎

 

ラウンジ中央のテーブルには赤ワイン・白ワイン・スパークリングワインが置かれています。
残念ながら、シャンパンの用意はありませんでした。

自分で好きな量を注ぐこともできますが、スタッフの方にお願いすれば席まで持ってきてくれます。

 

ちなみに、赤ワインの銘柄は、ウルフ・ブラス というもの。
1本500円程度の格安ワインです。

安い値段にしては、飲みやすさはあったものの、印象に残らない赤ワインでした。
クチコミ等を見ると、アルコールのクオリティが低いと記載があったため、私と同じ意見を保たれている方は多そうです。
もう少し良い銘柄を置いてほしい。。

 

アルコールは全てこちらのグラスで提供していました。
赤ワインはブルゴーニュグラス、スパークリングワインはフルートグラスなど、提供するお酒の種類に応じてグラスは変えるべきだと思います。

 

ビールの銘柄は全2種類。

恵比寿ガーデンプレイス内には、サッポロビールの本社があるため、ビール類は「エビスビール」や「サッポロビール」が置かれています。

朝食

2022年1月現在、朝食はエグゼクティブフロアでの提供はしておらず、1Fの「ザ・テラス」の朝食ビュッフェとなっています。

 

近年話題のマリトッツォもシェフが目の前で作ってくれる

和食・洋食・中華など幅広いバリエーションの朝食や朝食ビュッフェではあまり提供されないような料理が数多く提供されており、満足度は非常に高かったです。

 

カップやココットに少量の料理が入って提供されている

また、コロナウイルス感染症予防対策も徹底されており、なるべく料理を取る際にトングを使わないように、小さなココットに料理があらかじめ入っているなどの工夫が見られました。

ウェスティンホテル東京の詳しい朝食レビューはこちら

ウェスティンホテル東京はSPGアメックスカードの特典で無料宿泊が可能!

ウェスティンホテル東京はマリオットホテルズ&リゾーツが運営するホテルの一つ。

マリオットホテルズ&リゾーツでは「マリオットボンヴォイ」という独自のロイヤリティプログラムを展開中で、ポイントを利用した無料宿泊が可能。

ウェスティンホテル東京のカテゴリーは7。無料宿泊に必要なポイントは下記の通りです。

オフピークスタンダードピーク
50,00060,00070,000

一見、50,000ポイント〜70,000ポイントを貯めるのは難しいのでは?と考えてしまいそうですが、

アメリカン・エキスプレス社が発行しているSPGアメックスカードを発行すると、2年目のカード更新のタイミングで50,000ポイント以下の無料宿泊券を獲得できます。そのため、更新のタイミングでウェスティンホテル東京に無料宿泊が可能なんです!

また、カード発行の特典としてマリオットゴールドエリート会員が付与されます。

ゴールドエリート会員になると、14時までのレイトチェックアウトやお部屋のアップグレードなどエリート会員ならではの特典を受け取れます。

さらに、今なら1月限定で新規入会キャンペーンを実施中。期間中にSPGアメックスカードの既存会員から紹介されて入会すると、ボーナスポイントが6,000ポイント追加され、入会ボーナスとして最大39,000ポイント獲得可能です。

この機会にぜひSPGアメックスカードを発行してワンランク上のホテルステイを楽しんでください!

ウェスティンホテル東京のエグゼクティブラウンジでワンランク上のホテルステイを楽しんで!

今回はウェスティン東京のエグゼクティブラウンジの様子をご紹介してきました。
カクテルタイムで、やや不満の残る内容でしたが、クラシカルなヨーロピアンテイストの空間でゆったりと時間を過ごせました。

また、スタッフ方の気遣いやホスピタリティが高く、接客面はかなり高く、好感を持てました。

ぜひエグゼクティブラウンジアクセス付きのお部屋を予約されてみてはいかがでしょうか。

 

ウェスティンホテルホテル東京のエグゼクティブキングルームの宿泊記はこちら

併せて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事