【宿泊記】ウェスティンホテル東京|お部屋やプラチナエリート会員特典を徹底解説!

東京・恵比寿にたたずむ「ウェスティンホテル東京」

恵比寿ガーデンプレイスの敷地内に位置しており、日本に数少ないヨーロピアン調のホテルとして人気の高い高級ホテルです。

今回はウェスティンホテル東京の宿泊記をブログ形式でお届けしていきます。

「ホテルの雰囲気はどんな感じ?」「プラチナエリート会員の特典は?」など気になるポイントを徹底レビューしていきます。

ロビー&レセプション

ウェスティンホテル東京のロビー

ロビーに入ると、クラシカルで重厚感あふれる空間が広がります。
また館内全体にホワイトティーのアロマの香りがただよいます。

ちょうど、お正月シーズンに宿泊したこともあり、門松が飾られていました。

the barの外観

ロビーには、オーセンティックな雰囲気を感じさせるバーもあります。

ロビーラウンジ

バーの隣には、ロビーラウンジがあり、ラウンジ内では季節限定のアフタヌーンティーなどを楽しめます。
日中はアフタヌーンティーを楽しむお客さんで賑わっています。

レセプション

フロントに到着し、チェックイン手続きを進めます。

今回はエグゼクティブフロアに宿泊するため、クラブラウンジで手続きするものと思っていましたがロビーで行いました。

スポンサーリンク

エグゼクティブキングルーム

チェックインの手続きを終え、お部屋へと向かいます。

今回は19階のエグゼクティブルームにアサインしていただきました。

お部屋の入り口

それではお部屋の中に入っていきましょう。

ベッドルーム

エグゼクティブキングルーム全体の様子

お部屋に入ると、クラシカルでヨーロピアンテイストな空間が広がります。
お部屋の広さは、スイートルーム以外の客室は全客室42m2で統一。

青色の絨毯とダークウッド調のインテリアがお部屋の重厚感を引き立てています。
古さは感じるものの、清掃が行き届いており清潔感も十分。

エグゼクティブキングルーム見える眺望

お部屋は東京タワー側の景色でした。
眼下には港区方面の住宅街が広がります。
眺望を遮るような高層ビルが無いため、見晴らしが良いです。

4年振りの積雪

翌日、東京は4年ぶりの大雪が降り、外が白銀世界となりました。

キングサイズのベッド

ベッドはキングサイズ。
マットレスはウェスティンホテル共通のヘブンリーベッド。
ウェスティンホテル&リゾーツが独自開発したブランドです。

「雲の上の寝心地」を追求したマットレスは、硬すぎず、柔らかすぎず、体を包み込むようなマットレスで非常に寝心地が良かったです。

ベッドサイドにはUSBポート対応の充電コンセントもありました。

ラベンダーバーム

ターンダウン後にラベンダーバームが置かれていました。

お休み前にこめかみや手首などにバームを付けることでラベンダーの香りが広がり、快眠が期待できます。

加湿空気清浄機

加湿空気清浄機。

ホテルの客室内は乾燥しやすいので加湿空気清浄機があると助かります。

都内の高級ホテルで加湿空気清浄機の設置はなかなか浸透していないように感じます。
やはり白物家電が置かれることで、お部屋の雰囲気が崩れてしまう可能性があるためなのでしょうか?

ドレッサー

女性の方には嬉しいドレッサー。
クラシカルなドレッサーで化粧などの身支度をすればテンション上がること間違いなし!

ワーキングデスク

ワーキングデスクとチェア。
滞在中はこちらで仕事をすることが多かったです。

高層階から見える東京のパノラマの景色を楽しみながら非日常の空間で仕事を進められました。
無料のWiFiもあり、簡単に接続が可能。

ただ、私が宿泊したときは、通信状況が悪いのか途中で通信が切れることが多かったです。
リモート会議などをお部屋でする場合は注意が必要ですね。

Bluetoothスピーカー

ワークデスクには、BOSE製のBluetoothスピーカーも用意。
スマホとペアリングさせ、好きな音楽を流して楽しみました。

ソファ

ワーキングデスク横には2人用のソファー。
座り心地はリッツカールトン東京の客室に置いてあるソファーに似ています。

42インチのSONY製のテレビ

テレビは42インチのSONY製。
日本のテレビ番組だけでなく、海外のニュースやスポーツ番組などチャンネル豊富。

スマートテレビ非対応のため、テレビの大画面でYouTubeやNetflixを楽しみたいという方はFire stickなど外部端末を持参してください。

テレビは可動式になっており、ソファー側に傾けることも可能。
またテレビ台下にはDVDプレイヤーも用意されています。

ウェットエリア

ウェットエリア全体の様子

ウェットエリアは大理石が使われており、西洋感を感じるクラシカルな空間。
シンクはシングルタイプ。

シンクの下には体重計も用意されています。

基礎アメニティセット

シンク横にある2段箱を開けてみると、基礎アメニティセットが収納されています。

歯ブラシ、髭剃り、コームなど最低限のものは揃っていますよ。

マウスウォッシュがあったのは個人的に嬉しかったです!

シャワールーム

シャワールームとバスタブは独立式。
シャワーはレインシャワーとヘッドタイプの2種類。

水圧も申し分なし。

バスタブ

バスタブ少し浅めの作り。
肩までゆっくり浸かりたい方には不向きかもしれません。

ですが、縦に長いので身長172cmほどの私でも足を曲げることなくゆっくりとお湯に浸かれました。

バスソルト

バスソルトの用意もあります。

ドライヤー

ドライヤーはパナソニックのナノイー。

ウェスティン東京の宿泊記を公開しているブロガーさんの情報を見ると、チープなドライヤーだと思っていたのでこれは嬉しかった!!

高級ホテルに高級ドライヤーはマストアイテムですね!

アメニティ

バスアメニティ

アメニティはウェスティンホテル共通のヘブンリー。

ホワイトティーただようアロマの香りです。
香りにクセはなく、リラックスできる香りとなっています。

シャンプーの泡立ちも良く、髪の毛がきしむことも無かったです。

基礎化粧品セット

また、ホテルにリクエストすれば、スキンケアセットを無料でいただけます。

1セット1回分の容量となっているので、夜・朝の2回分をリクエストすると良いですよ。

クローゼット

クローゼットの中身

クローゼットの中には、バスローブ、アイロンなどが収納されています。

バスローブはややごわごわしていて、あまり着心地はよく無かったです。

マリオット系列だと、「ACホテル銀座」や「東京エディション虎ノ門」などのバスローブが肌触り・着心地が良く好きでした。

浴衣

テレビ台の下の引き出しを開けると、浴衣も用意されています。
リクエストすれば、上下セパレート式のパジャマの用意もありますよ。

スリッパ

スリッパはやや底が薄めのタイプ。もう少しふかふかのスリッパが良かった。

ミニバー

ミニバーエリア全体の様子

次にミニバーを見ていきます。

コーヒーはネスプレッソマシーン。
カプセルは全4種類。
紅茶はスーパーのティーコーナーでもよく見られる「AHMAD TEA」。

電気ケトルはデロンギ製。

ミネラルウォーターはいろはす。

有料のドリンクと勘違いしてしまいそうですが、無料なのでご安心を。
ちなみに、ホテルスタッフにリクエストすれば追加で何本でもいただけます。

冷蔵庫の中身

冷蔵庫の中には、有料のドリンクがびっしり収納されています。
持参したドリンクや食べ物を冷やすには少々不便。

どのドリンクも高級ホテル価格となっているので、恵比寿ガーデンプレイス内にある「ファミマ!!」でアルコールなどの飲み物を調達されると良いと思います。

ミニバーのラインナップ

引き出しの中にはボトルの赤ワインやリキュール類が収納されていました。

スポンサーリンク

プラチナエリート特典

ウェスティンホテル東京のプラチナエリート会員特典は下記の通りです。

ウェスティン東京のプラチナエリート会員特典
・お部屋のアップグレード(お部屋の空き状況による)
・16時までのレイトチェックアウト(お部屋の空き状況による)
・エグゼクティブラウンジの入室が無料
・ホテルギフト(1000Pまたはビールセット)

ビールセット

今回はホテルギフトととしてビールセットを選択してみました。

1本500円ほどのクラフトビールが2種類いただけます。
それぞれ、フルーティーで非常に飲みやすかったです。

ビールのおつまみとして用意されたピーカンナッツも美味しかった◎
マリオットボンヴォイのプラチナエリート会員特典の詳しい全貌についてはこちらの記事をご確認ください。

アクセス

最寄りは恵比寿駅。
JR線、東京メトロ日比谷線が通っており便利です。

駅からは徒歩7分と少し離れています。

恵比寿駅を出ると、恵比寿スカイウォークという動く歩道で、恵比寿ガーデンプレイスまでスムーズに行けるので、駅からの遠さはあまり感じないかと思います。

ウェスティンホテル東京は異国情緒感あふれる高級ホテル!

ロビー&レセプション

今回はウェスティンホテル東京の宿泊記をお届けしてきました。

近年、ホテルは時代に合わせてリノベーションを行い、モダンな空間に変化を遂げるホテルが多いですが、ウェスティンホテル東京は古き良き空間を崩すべきではないホテルだと思いました。

それぐらい洗練された空間となっています。

またスタッフ一人一人の接客も非常に丁寧で、教育が徹底されている印象を持ちました。

ぜひ宿泊されてみてはいかがでしょうか。

詳しい朝食レビューについては下記の記事に掲載していますので、よろしければご覧ください。

あわせて読みたい記事はこちら
スポンサーリンク
コメントを残す

スポンサーリンク