お久しぶりです。約2ヶ月ぶりの更新でしょうか。

陸マイラーの方に有益な情報を提供したいと思い毎日更新を掲げていたのですが、なかなか仕事や勉強が忙しく更新ができておりませんでした。

そんな中8月の上旬に3泊4日でソウルに旅行に行ってきました。1泊目は普通のビジネスホテルに宿泊したのですが、2~3泊目はパークハイアットソウルに宿泊してきたので宿泊記としてブログでご紹介していきたいと思います。

お部屋紹介とバスルーム編、パーククラブ(プールエリア)に分けてご紹介していきます!

ブログの更新ですがこれからも継続して行くのでお付き合いお願いしやす。

 

なぜパークハイアットソウルに宿泊したのか?

なぜパークハイアットソウルに宿泊したかというと旅行に行く前の2ヶ月前の6月にある出来事がありました。

夏休み海外旅行に行きたいな〜

でもお金ないし,,近場でコスパの良いソウルにしようと思い、いつもお世話になっているトリバゴでホテルを探してたんですよね。

ソウルって東京の高級ホテルの半分の価格帯で宿泊できるホテルが多いので、5つ星ホテルで検索していたら、なんとホテルズドットコムで天下のパークハイアットソウルが1泊22,000円(税・サ抜き)で宿泊できるじゃないですか!

しかもなぜか10%のクーポン割引も適用でき2泊の宿泊が41,000円(税・サ抜き)になったので即予約しました。

領収証になってしまうのですがパークハイアットソウルに宿泊した際の料金です。

 

パークハイアットソウルの領収書です

 

 

 

通常だと1泊で平均35,000円以上はかかるのでめちゃくちゃお得に宿泊できました!!!

パークハイアットソウルをトリバゴで予約

旅行の2ヶ月前から毎日ホテルの料金レートを見る変でめんどくさい趣味を持っているの(ただの暇人)ですが、たまにレアなレートを発見してしまうと思わず予約してしまいます笑

一度ホテルズドットコムを足を運んでみてください!きっと宿泊したい高級ホテルが半額以下で泊まれるなんてことも僕のようにありえますからね!

 

🔽 ソウルのホテル予約検索はトリバゴが断然お得です!!🔽



パークハイアットソウルを予約したトリバゴのサイト

パークハイアットソウルのアクセス方法

パークハイアットソウルのエントランス

パークハイアットソウルは地下鉄2号線の三成(サムソン駅)の1番出口を出て目の前にあります。

利便性ですが、はっきり言って結構悪いです笑

空港からもカンナムは遠いし、日本人であれば明洞や東出門にショッピングやグルメを楽しみに行く人も多いと思います。そこら辺のエリアに行くのに電車で45分程度かかるのでアクセスは超悪いです笑

ですがサムソン駅に直結しているCOEXなどは巨大ショッピングモールで1日中楽しむことができるし、サムソン駅から電車で10分程度の場所に位置する蚕室には、ロッテワールドモールやロッテワールドなどの複合施設もあるので、カンナム周辺を楽しみたいって人には良いかもしれません。

ちなみにソウルでインスタ映えするスポットとして有名なピョルマダン図書館もCOEX内にあります。

パークハイアットソウルの近くにあるピョルマダン図書館

 

 

パークハイアットソウルのエントランス

いつもよく行くマンダリンオリエンタルやリッツカールトンなどエントランスがとっても豪華なので思わず写真を撮ってしまうのですが、あまりにもエントランスが小さすぎて写真を撮り忘れていました笑

タクシーなどを乗り降りするスペースもこじんまりしていて、え??これがパークハイアットなのかというぐらい小さいですわ。

一方でパークハイアット東京はエントランスが広々としていてこれから始まるホテルステイに期待できる印象与えてくれますよね。

当方一休.comのダイヤモンド会員で、ダイヤモンドメンバー限定の宿泊プランとかあるんですけど、素泊まりで4万するんでビジネスとしては利用できませんね。パートナーとの記念日だったら良いですけど...

 

パークハイアットソウルにチェックイン

 

パークハイアットソウルのロビーも、え??これがパークハイアットなの?って言うぐらい小さいです。

シャングリラやマンダリンの用な豪華さは全く感じれないですわ。まぁそもそもパークハイアットのコンセプトがスモールラグジュアリーホテルなので仕方はないと思いますが、この規模はないでしょと思ってしまいます。

僕がチェックインした際は日本語の話せるスタッフがおらず、TOEIC400点の僕には英語はしんどすぎた。

特にスイミングウェアを無料でレンタルできるか聞きたかったんですが、TOEIC400点の僕には無理ですわい。

英弱ですいません笑

パークハイアットチエックイン後にイラついたこと

 

パークハイアットソウルはホテルの最上階にロチェックインカウンターが位置しており、

エントランスから最上階のロビーまで移動→最上階から部屋へ移動というめんどくさい作りをしているんですよね。

エレベーターがなかなか来ないときは以外に時間取られるし、夜中ビールや夜食を買いに行くときもすんごくめんどくさい思いをしました。宿泊する際はこのイライラを覚悟で宿泊してくださいね笑

 

パークハイアットソウルのお部屋

 

 

今回アサインされた部屋は低層階の9Fのパークデラックスキングです。部屋の広さは48平方メートルと高級ホテルの標準的な広さです。

また、今回はホテルに宿泊前に眺望の良い部屋をアサインしてくれとホテルズドットコムで予約する際に伝えていたのでワンランク上の部屋になるシティービューになっていました。高層階よりも低層階の方がカンナムの街並みを間近で見ることができたので、低層階をチョイスしていただいたホテルのスタッフの方に感謝です!

パークハイアットソウル デラックスキングルーム

 

世界で有名なスーパーポテトが内装をデザインしたということもあり、シンプルでハイセンスな作りをしています。低層階だと人の動きや自動車の動きがはっきり見えるので、それをぼーっと見るのも以外に楽しかったです笑

また、写真からは伝わりづらいと思うのですが、天井の高さがハンパないです。天井ハンパないって。48平方メートルって決して広い部屋には分類しないと思うのですが、それ以上の空間の広さを感じます。

パークハイアットソウル デラックスキングルーム 夜ver

夜になるとこんな感じでカンナムの夜景が楽しめます。全くのど素人のカメラ撮影なので写真にセンスがありません。

今後ブログを更新しつつ写真のスキルも身につけていこうと思います。

 

パークハイアットソウルのベッド

ベッドはキングサイズのベッドです。今まで宿泊したホテルの中で一番マットレスは硬かったですよ笑インターコンチネンタルのようなふかふかベッドを想像していたので、ベッドダイブしたら腰を痛めました笑

ベッドダイブはしないことをオススメします笑

窓側付近にあるリラックスソファーがとっても快適で夜はシャンパンを飲みながらカンナムの夜景に見とれていました笑この瞬間だけ「あっ俺もついに天下を取ったな...」って気分になりましたが、3日後には現実に戻りました。はい。社畜としてがんばりますわい。

来年までに社畜脱却してデジタルノマドでバンコクとかに移住したいなぁと考えております。

だってバンコク東京の高級ホテル東京の2倍以上ホテル数も多いし、3分の1程度の料金で宿泊できるんだからホテル好きにはバンコクは天国ですよ。マジで。来年の頭当たりには移住前の視察で旅行に行くつもりです。

あ、、すいません。話がそれました。パークハイアットソウルのお部屋紹介に戻ります!

パークハイアットソウルのオレンジ

あっちなみにウェルカムフルーツとしてオレンジをいただきました。(滞在中食べることはなかったけど...)ちなみに9月に滞在した香港のインターコンチネンタルに宿泊したときもウェルカムフルーツをいただきましたよ。インターコンチネンタル香港の記事も随時書いて行く予定です。

けど、なんで日本の高級ホテルはウェルカムフルーツ提供してくれないんだろう...

ホテルに滞在中夜中お腹空いたときにフルーツとか結構ありがたいので日本の高級ホテルもがんばってほしいです...

 

パークハイアットソウルのテレビ

テレビはサムスン社製のものです。テレビスタンドにもセンスを感じます。

パークハイアットソウルの隠し扉

ネスプレッソマシーン(グレードの良いやつ)もありました。

カプセルは3種類(オリジナル・デカフェ・あと1個は忘れました。)ありました。

3月にソウル旅行に行った際、新羅ホテルに宿泊したのですがその際はネスプレッソマシーンはなく、ただのティーバッグでホテル愛好家としてはマイナスポイントだったのでネスプレッソマシーンはありがたかったです。

パークハイアットソウルのネスプレッソマシーン

この隠し扉的なやつ最終日に気づいたのですが、、、、

パークハイアットソウルのポット

なんとポットが入っていました。お前そんなところ隠れてたのかよ!絶対宿泊している人の中には気づかない人もいると思います。まぁ夏場なんで活躍する機会はなかったけど。

 

パークハイアットソウルの冷蔵庫

 

パークハイアットソウルのシャンパン

 

もちろん高級ホテルらしく冷蔵庫も自前で買ったドリンクを冷やせないくらいぎっしり補充されています。

シャンパンはルイロデール・ブリュット・プリミエですね。シャンパンのチョイスは素晴らしいなぁと関心。ですが、値段を見たら1本13000円でした。ハーフボトルで4000円ぐらいで販売されているので高杉〜〜〜っしょ

あ、ちなみにこのエビアン有料ですよ。水トラップであるある話じゃないですか?実際飲んでた水がミニバーで指定されている水だったってことありません??このエビアン1本400円ぐらいしますよ。めっちゃ高い。

ちなみに近くのロッテデパートで水を買ったとき35円ぐらいで販売されていました。

韓国はミネラルウォーターが安いですね。

 

パークハイアットソウルのミネラルウォーター

 

ちなみにホテルの名前が書いてある水が無料の水です。上↑の写真ですね。ターンダウンの時と合わせて1日に4本程度補充されるので夏場の時期には非常に助かります。

 

パークハイアットソウルのクローゼット

クローゼットは今まで宿泊したホテルの中で一番広かったです。ハンガーも十分な個数あったので冬場などはすごく便利だと思います。

 

パークハイアットお部屋の総評

 

パークハイアットソウルの景色

部屋のデザインや機能性は今まで宿泊したホテルの中で1位2位を争うと思います。

天井の広さや窓の開放感などは東京の高級ホテルでもなかなか真似することはできないかと...

シャングリラやマンダリンのような豪華絢爛といった感じとは逸脱したシンプルを極めるとラグジュアリーになることを証明しているホテルかと思います。

本当は1記事にお部屋・バスルーム・パーククラブ(プール)の紹介までしようと思ったのですが、思った以上にボリュームが増えそうなので今回はお部屋だけご紹介して次回以降、バスルームとパーククラブをご紹介します。

 

→パークハイアットソウルのバスルーム編

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事