【2023年版】ANAビジネスクラス搭乗記|羽田⇄金浦(ソウル)線

東京からわずか2時間半で行ける韓国・ソウル。

今回は羽田→金浦(ソウル)線でANAビジネスクラスを利用したので、そのときの様子をおとどけしていきます。

「ビジネスクラスの座席はどんな感じ?」「機内食のクオリティは?」などなど、搭乗する前に知っておきたいポイントをわかりやすくまとめているのでぜひ参考にしてみてください!

ANAビジネスクラスにチェックイン

羽田空港第三ターミナルからソウル金浦空港まで向かいます。

フライトデータは下記の通り。

羽田→ソウル線 フライト情報

便名:NH864便
フライト時間:2時間30分
機材:ボーイング787-8
距離:約 1,180 Km

ビジネスクラス専用のレーンでスムーズにチェックインを終え、出国手続きを進めます。

スポンサーリンク

搭乗まではANAラウンジで

イミグレーション通過後は、ANAラウンジへ向かいます。
2023年現在は、110番ゲート付近にあるANAラウンジ1本の営業。

2022年は期間限定でプライオリティパスを所有していれば羽田・成田のANAラウンジを利用できましたが、2023年2月1日以降は利用できなくなるとのこと。

これは残念なニュース(泣)

ANAラウンジ内は黒と白を基調としたシックなデザイン。

窓からは世界のさまざまな飛行機を眺められます。

そしてANAラウンジと言えば、オリジナルチキンカレーとヌードルバーは欠かせません!
チキンカレーはマイルドな辛さで大人から子供まで食べられるおいしさ。
野菜やチキンがごろっと入っているので食べ応え抜群!

ヌードルバーではお好みでうどんやそば、とんこつラーメンなどを注文できます。

ヌードルバーで注文したきつねうどん。
関西風のだしでほっこりする美味しさ。

スポンサーリンク

いよいよ、ANAビジネスクラスへ搭乗

それでは、搭乗開始時刻になったので、機内へ乗り込むことにします。

俗に言う、「運命の分かれ道」。
普段は右側ですが、今回はありがたく左側を利用させていただきます。

今回のビジネスクラスのシートは短距離路線で主に使用されている「ANA BUSINESS CRADLE」。
基本的に東京⇄ソウル線のビジネスクラスのシートはこちらになります。

ゆとりのシートピッチ、心地よいシートに4段階調整可能なフットレストで快適な旅をサポート。
タッチパネル式の大型液晶12.1インチモニターや大型テーブル、パーソナル読書灯、ユニバーサル電源、USBポートなどといった充実の装備。
起きている時もお休みの時も快適な旅をしっかりサポート。

出典:ANA公式サイト

座席の配列は2-2-2。

フルフラットシートに比べるとプライベート間がないですが、短距離線なので十分。
シートの幅は55cmとゆったりとした作り。
座り心地はふんわりとしていて、長時間のフライトでもリラックスできそうです。

シートピッチは約150cm。
身長172cmの私が座って足を思い切り伸ばしても、前方の席に当たらないほどのゆとりがあります。

モニターは12.1インチのワイドスクリーンを採用。
ただし、一昔前のスクリーンを使用しているので、画質はいまいち。

ヘッドホンはPanasonic製のノイズキャンセリングタイプ。
機内音を最小限に抑えて、音に集中できます。

スリッパはふかふかタイプ。

席に座ると、客室乗務員の方からご挨拶とコートを預かっていただきました。
ウェルカムドリンクの提供はなし。

ウェルカムドリンクの提供はぜひ復活してほしいところ。

ANAビジネスクラスの機内食

水平飛行になると、早速機内食の始まります。
まずは、ドリンクとスナックの提供がされます。

ドリンクはシャンパンなどのワイン類から日本酒、ビール、リキュール類まで何でもあります。

まずはシャンパンをいただいてみました。

銘柄は「シャンパーニュ・カステルノー・キュヴェ・ブリュット・レゼルヴ」。
1本5,000円〜8,000円するシャンパンです。

香り・飲み心地どれもバランス良く、果実の甘酸っぱさを感じられる非常に飲みやすいシャンパンでした。

シャンパンのお供はおかき。
数種類のおかきが楽しめます。

ビジネスクラスを利用すると、ついつい撮影してしまう一枚。

羽田→金浦の場合

さてさて、シャンパンを楽しんでいると機内食が到着しました。

見た目が華やかで思わずテンションが上がります!

提供スタイルは短距離線なのでコースではなく、ワンプレート式です。

メニューは下記の通り。

羽田→ソウル線の機内食メニュー

■アペタイザー
・海老小袖寿司 鮭と胡麻の伊達巻寿司 干瓢細巻き
・ローストビーフとレフォールソース
■メインディッシュ
・牛肉の霙(しぐれ)焼き
・俵御飯
■ブレッド
チャバタ
■小菓子

メイン料理は牛肉の霙(しぐれ)焼き。
老舗の割烹料亭で提供されるような上品な味わい。
食べ応えも抜群です!

パンは温かい状態で提供してくれます。

そのほかのメニューも外れがなく、大満足の内容でした!

牛肉には赤ワイン!ということで、フルボディの赤ワインもいただいてみることに。

銘柄は「トラピチェ・メダージャ レッド・ブレンド・メンドーサ 2017」。
1本5,000円程度する高級赤ワインです。

アルゼンチンを代表するトップワイナリーが手掛けるプレミアムワインということでいただいてみました。
フルーティーながらもカベルネ・ソーヴィニヨンらしいパンチの効いた赤ワインでとても飲みやすかったです。

お肉との相性も抜群でした!

最後にコーヒーをいただいて機内食はこれにて終了です。

金浦→羽田の場合

ちなみに、復路の機内食はこんな感じでした。

復路の機内食も華やかさがありますよね!

ソウル→羽田線の機内食メニュー

■アペタイザー
・野菜と豆腐のロール仕立て
・牛肉と梨のサラダ
・海老のボイル スイートチリソース
■メインディッシュ
マッシュルームデュクセルを包んだ鶏肉のロースト トマトソース
■ブレッド
スピナッチロール
■小菓子

特に、韓国風に味付けされた牛肉と梨のサラダが絶品!
牛肉と梨って意外な組み合わせだと思うのですが、意外とこれが合うんです。

メイン料理の鶏肉のローストは胸肉を使っていたため、多少のパサつきがありました。
せっかくならもも肉のローストを食べたかったかな。

総じて、復路便も短距離線で提供されるクオリティとは思えないほどの内容で大満足でした!

憧れのビジネスクラスに片道1万円程度で乗れる方法とは!?

ビジネスクラスは、近距離路線で片道10万円程度、ロンドンやニューヨークといった長距離路線にもなると、100万円以上の費用が発生します。

ですが、航空会社が提供している「マイル」を活用すれば、憧れのビジネスクラスもお得に発券できるのは多くの方がご存知のはず。ただ、飛行機に定期的に乗るだけでは、なかなかマイルは貯まりません。

では、どのようにマイルを貯めれば良いのか?

私がおすすめするマイルの貯め方は、「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」を発行することです!

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムでは、100円の決済につき3ポイント加算されます。

貯まったマリオットポイントは、世界30以上のエアラインのマイルへ交換可能。

交換比率は基本的にマリオットポイント3ポイントに対して航空会社マイレージが1マイル。
100円の決済につき1マイル貯まる計算です。

マリオットポイントとマイレージの交換比率

マリオットポイント交換後マイレージ
ANAマイレージクラブ31
日本航空 (JAL) マイレージバンク31
ユナイテッド航空マイレージプラス31.1
アラスカ航空マイレージプログラム31

プレミアムカードからマイルを移行する際のイラスト表

また、マリオットボンヴォイアメックスカードを保有していれば、60,000ポイントを一度にマイルへ移行することで、ボーナスマイルとして、追加で5,000マイル付与され、合計25,000マイル獲得できます。

Yusuke

60,000ポイントごとにマイルを交換すれば、100円の決済につき1.25マイル貯まる計算になります♪

マイル還元率は1%以下に設定されているクレジットカードがほとんどの中、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムがいかに高還元率であるか分かります。

では、貯まったマリオットポイントはどこのエアラインへ移行すれば良いのか?

おすすめは、「アラスカ航空のマイル」です。

あまり聞き馴染みのない航空会社かと思いますが、アラスカ航空はアメリカ・シアトルを拠点とする航空会社で、北米やメキシコを中心に就航しています。

それではなぜ、日本人に馴染みの薄い航空会社のマイルをおすすめするのかというと、他の航空会社のマイレージプログラムに比べて、圧倒的に少ないマイル数で、ビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券を発券できるから。

とくに日本→東南アジア(シンガポール、バンコク、インドネシア)路線はかなりお得です。

以下の表をご覧ください。

日本→東南アジア航空会社必要マイル数(片道)
キャセイパシフィック航空(東京便のみ)エコノミー:12,500マイル
ビジネス:22,500マイル
JALエコノミー:15,000マイル
ビジネス:25,000マイル

日本から東南アジアへ行く際は、エコノミークラスは片道12,500マイル、ビジネスクラスは片道22,500マイルで発券できます。

キャセイパシフィック航空を利用する場合、香港で乗り継ぎの必要があります。

Yusuke

キャセイラウンジは羽田空港国際線ターミナル内にあるラウンジの中で最も居心地の良いラウンジだと評判です◎

JALの場合、エコノミークラスが15,000マイル、ビジネスクラスは25,000マイルに+手数料が34ドル(4800円程度)で発券できます。

一方で、本家JALマイルで発券する場合の必要マイル数を調べてみると、なんと14万マイル+空港手数料・燃油サーチャージ代で+34,000円も発生します。

Yusuke

アラスカ航空のマイルを効率よく日頃から貯められるカードはマリオットボンヴォイアメックスのみです♪

そんなアラスカマイルへポイントを移行できるマリオットボンヴォイアメックスプレミアムでは、2023年2月現在、新規入会キャンペーンを実施中!

キャンペーン中にマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードに新規入会すると39,000pt獲得できます。

獲得ポイント数の内訳は以下の通りです。

公式サイト経由でお申し込みした場合

・3ヶ月以内に30万円利用で30,000ポイント
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000Pポイント
合計:36,000ポイント

一方でアメックスの公式サイト経由ではなく、マリオットボンヴォイアメックス既存会員からの紹介制度を活用してお申込みいただくと最大45,000ポイント獲得可能です。

内訳は下記の通りです。

当サイトよりお申し込みいただいた場合
・3ヶ月以内に30万円利用で36,000ポイント
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000ポイント
合計:45,000ポイント

つまり、公式サイト経由のお申し込みよりも6,000pt多くもらえる計算に!!

Yusuke

新規入会キャンペーンの45,000ptに15,000pt追加し、アラスカ航空のマイルに交換すれば、JALやキャセイパシフィック航空のビジネスクラスを予約できますよ♪

さらにマリオットボンヴォイアメックスカードを発行すると、ザッと下記のような特典を受け取れます。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの特典
・マリオットボンヴォイゴールドエリート会員付帯。

・日々のお買い物100円の決済ごとに3ポイント付与。

・マリオット系列のホテルに宿泊する際は100円につき6ポイント付与。
・毎年カード更新のタイミングでマリオットポイント最大65,000ポイント以下のホテルに無料宿泊。
・「リッツカールトン」や「セントレジス」ホテルに2泊以上すると、100ドルのホテルクレジットをプレゼント。

・国内外29の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能。

・最高1億円の国内外旅行保険。

どれも魅力的な特典ばかりですよね!
ただ、デメリットとしては年会費が49,500円とやや高めの価格設定であるところ。

ですが、上記の特典をフル活用すれば年会費は間違いなく回収できます!

期間限定の新規入会キャンペーンを上手く活用して、憧れのビジネスクラスへの搭乗を目指しましょう!

    羽田→金浦線のANAビジネスクラスは満足度が高い!

    今回は羽田→ソウル線のビジネスクラスのレビューをおとどけしてきました。
    わずか2時間半という短いフライト時間でも、ビジネスクラスを存分に味わえました。

    有償の場合、短距離線でも片道10万円近くしますが、マイルを利用すれば、わずか往復25,000マイル+手数料(燃油サーチャージ+空港税)で体験できます。

    ぜひマイルを貯めて、ワンランク上の渡韓を楽しんでみてはいかがでしょうか。

    あわせて読みたい記事はこちら
    スポンサーリンク