ANAの公式サイトで航空券を予約する場合、様々な座席クラスと予約(ブッキング)クラスが用意されていると思います。

国際線の場合、エコノミークラスで予約したいのに、ブッキングクラスの種類が多すぎて結局どれを予約すれば良いのか分からない、予約した際に送られてくるeチケットに書かれいる予約クラスのアルファベットの意味がよく分からないってことありませんか?

そこで今回は、ANAの予約クラスの種類、座席クラス、予約クラスの一覧など表を使いながらご紹介していきたいと思います!

この記事を読み終える頃には、きっと予約クラスのアルファベットの謎、どの予約クラスで航空券を予約するのが一番自分の都合に合致しているのか分かるようになりますよ!

スポンサードリンク

ANAの座席クラスと予約クラスの定義を確認しましょう

記事を読む前に!!

*この記事では座席クラスの定義を以下のようにしています。

(国内線の場合)普通席、プレミアムクラス
(国際線の場合)エコノミークラス、プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス

*また、予約クラスの定義を以下のようにしています。

(国内線の場合)ANA FLEX,ANA VALUE ,ANA SUPER VALUE , ANA SUPER VALUE EARY
(国際線の場合)SuperValue→Value→Basic→Flex→FullFlex

【国内線】予約クラスによって予約の変更や払い戻しが異なる

まず初めに国内線の予約クラスの変更や払い戻しについてご紹介していきます。

ANAの国内線の座席クラスはプレミアムクラスまたは、普通席という枠組だと思いますが、予約クラスによって、予約の変更や払い戻しをする際のルールが異なるので確認しておきましょう!

ここでは、利用者が比較的多い予約クラスに絞ってご紹介していきます。まず下の表をご覧ください。

ANA FLEX
(ANAフレックス)
(普通運賃)
ANA VALUE
(ANAバリュー)
ANA SUPER VALUE(ANAスーパーバリュー)ANA SUPER VALUE EARLY
(ANAスーパーバリューアーリー)
予約変更変更可能変更不可変更不可変更不可
予約期限搭乗日当日まで搭乗日前日または3日前まで搭乗日21/28/45/55/75日前まで運航ダイヤ確定前まで
支払い期限予約日を含めて3日以内予約日を含めて3日以内予約日を含めて2日以内予約日当日のみ
払戻手数料430円(片道)430円(片道)430円(片道)無料
取り消し手数料(出発前)無料運賃額の5%運賃額の30%~60%運賃額の30%~60%
取り消し手数料(出発後)運賃額20%運賃額100%運賃額100%運賃額100%

注意していただきたいポイントは、一番多くの方が利用すると思われるANA SUPER VALUE(ANAスーパーバリュー)の取り消し手数料です。

ANAの国内線をキャンセルする場合は、片道辺り払い戻しの手数料である(430円)と出発前の取り消し手数料の運賃額30%~60%が引かれた金額が、クレジットカードもしくは銀行に払い戻されます。

飛行機に搭乗する日が近づくにつれ、取り消し手数料は高くなるので取り消しする際はなるべく早めに取り消しを行ってください。

取り消し手数料について詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。

また、飛行機に乗り遅れた場合の航空券の払い戻しは通常料金運賃のANA FLEXを除いて返金されないので注意しましょう。

【国内線】積算されるマイル数が異なる

また、先ほどご紹介した予約クラスをベースにマイルの積算率を出してみると以下の表のようになります。

     搭乗マイル積算率
ANA FLEX
(ANAフレックス)
(普通運賃)
100%
ANA VALUE
(ANAバリュー)
75%
ANA SUPER VALUE(ANAスーパーバリュー)75%
ANA SUPER VALUE EARLY
(ANAスーパーバリューアーリー)
75%

マイルの積算率はこのようになっています。

ちなみに、プレミアムクラスに搭乗すると区間マイルが150%、JTBやじゃらんなどのホテルパックを利用して航空券を予約した場合は区間マイルは50%となっているので覚えておきましょう。

【国際線】予約クラスによって積算されるマイル数が異なる

次に国際線の予約クラスごとに付与されるマイル数を確認していきます。

飛行機の搭乗後に付与されるマイル数は、予約したクラスによって異なります。ANA国際線の積算マイル数を計算するために以下のような式を作ることができます。

区間基本マイルについては出発地から目的地までの距離で算出されるので、例えば、東京からロサンゼルスに行く場合と、大阪からロサンゼルスに行く場合の基本マイレージは異なるということを覚えておきましょう。

基本マイレージについては出発地、目的地によって異なるのでANA公式サイトより、一度確認してみてください。

さぁさぁ本題に入る前に、謎のアルファベットについて簡単に説明します。

ANAの公式サイトより航空券を予約すると、予約完了のお知らせメールと、eチケットの送付というメールが送られてきます。

送付されてきたeチケットをよく見ると

このようにクラスというところに謎のアルファベットが記載されています。

ご自身の持ってる航空券と照らしわせながら今から紹介する表を活用してみてください!

以下の表はクラスごとのマイルの積算率を表しています。

マイル積算率エコノミークラスプレミアムエコノミークラスビジネスクラスファーストクラス
150%JF,A
125%C,D,Z
100%Y,B,MG,E
70%U,H,QNP
50%V,SW,S,T
30%L,K

アルファベットがたくさん出てきました(泣)クラスごとのマイル積算率は以上のようになっています。

また座席クラスをSuperValue→Value→Basic→Flex→FullFlex(普通運賃)と予約クラスに分類することができます。

複雑ですね....

そして、上の表のアルファベットを予約クラスごとに分類すると、

予約クラスエコノミークラスプレミアムエコノミークラスビジネスクラスファーストクラス
SuperValueLP
ValueQ,H,
S,W,V
ValuePlusED,Z
BasicQ,H,
S,W,V
A
BasicPlusU,M,E,BG,ED
FlexQ,W
FlexPlusBJ,C
FullFlex(普通運賃)
FullFlex Plus(普通運賃)YGJF

*予約クラスの後ろにPlusが付いてる予約クラスは追加マイル数やアップグレードポイントを支払うことで、座席のアップグレードが可能となるクラスです。

この表を見るだけで、自分の予約したクラスのアルファベットの位置が一目でわかりますよね!

この表を元に国際線のフライトマイル数を計算すると、例えば、東京⇆ロサンゼルス間をビジネスクラスのCクラス(FlexPlus)で予約した場合

このような計算をすることができます。東京⇆ロサンゼルス間の区間基本マイルは5,458マイルです。

ちなみに正確な獲得マイル数は6,822.5マイルなのですが、小数点以下は全て切り下げとなっています。

往復すると、13,645マイルも獲得できるという計算です。

積算マイルの注意点として、

予約クラスがO、I、R、Xの航空券

特典航空券

無償航空券

各種優待割引航空券

で航空券を予約している場合は、マイルの積算の対象外となるので注意しましょう。

また、ANAツアーなどで稀にチャーター便を利用して海外に行くパッケージプランなどが用意されていますが、チャーター便に搭乗する場合、区間基本マイルは50%となることも覚えておきましょう!

【国際線】予約クラスによって予約変更や払い戻しなどが異なる

国内線同様、予約クラスによって予約変更や払い戻しに制限があります。

例えば、エコノミークラスの場合、SuperValue→Value→Special→Basic→Flex→FullFlex(普通運賃)といったように複雑に予約クラスが設定され、クラスによって予約の変更や払い戻しの制限があります。

以下の表が、予約クラスそれぞれの予約変更、払い戻し、アップグレードの条件となっています。

予約変更払い戻しアップグレード
SuperValue不可不可場合によっては可能
Value不可可能、ただし手数料あり場合によっては可能
Special可能、ただし手数料あり不可場合によっては可能
Basic可能、ただし手数料あり可能、ただし手数料あり場合によっては可能
Flex無料で変更可能可能、ただし手数料あり場合によっては可能
FullFlex(普通運賃)無料で変更可能無料で変更可能場合によっては可能

こちらの表は、プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスもほぼ条件と一致しているので、ビジネスクラスを予約したい!という場合でも表を利用することは可能です。

そして、アップグレードの箇所を見ていただくと、全て場合によっては可能となっています。

これが何を意味するかというと、アップグレードが可能な場合は、航空券を予約する際に(Plus)といった表記が出てきます。

プラスがあると、空席があればクラスのアップグレードを行うことが可能です。

また、アップグレードの空席枠を確認するためには、
予約ページの下にある、アップグレード空席情報を反映をクリックするとアップグレードをできるかどうかの確認ができます。

このようにアップグレードが可能かどうか出現してきました。

 

こちらの画像を見ると、アップグレードの箇所が空席待ちとなっているので、現段階ではアップグレードが可能かどうか分からない状況です。

空席ありの場合はマイルもしくはアップグレードポイントを利用してクラスをアップグレードすることが可能となります。

また、補足として、航空券を購入する際に表示されるルールを表示をクリックすると、

先ほど表でご紹介した予約変更や払い戻しについて一目で分かるようになっているので、航空券を予約する場合参考にしてみてください!

そして、注意点はファーストクラスのアップグレードは存在しないこと、路線によってはプレミアムエコノミークラスとファーストクラスの設置がないことに注意してください!

また、先ほども説明しましたが、エコノミークラスの積算マイル率をさらに詳しく見てみると、

搭乗マイル積算率
SuperValue30~ 50%
Value30~70%
Special30%
Basic50~70%
Flex50~100%
FullFlex(普通運賃)100%

このようなマイルの積算率になっています。valueで予約をすると、最大でマイルの積算率が70%となるので、航空券の値段を抑えつつマイルを多く貯めたい!という方はvalueで予約をすることをオススメします。

予約クラスをしっかり理解して航空券の予約をしよう!

今回はANAの予約クラスについてご紹介してきました。ANAの予約クラスは非常に種類が多く幅広い方のニーズに答えている一方で予約クラスが複雑になって分かりづらいです。

なので、予約クラスのアルファベットの意味がよく理解していると、積算マイル率がどのくらいか?予約変更や払い戻しは可能なのか?といった疑問が解消できると思います。

ANAの航空券を予約する際に、今回ご紹介した表をぜひ活用してみてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事