今回は2019年版アシアナ航空の手荷物ルールを徹底解説していきます。

搭乗する前に事前に受託荷物と機内持ち込みのルールを知っておくことで、空港内でトラブルになったり荷物の超過料金を支払わずに済みます!

ぜひアシアナ航空を利用される方は参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

受託手荷物のルール

まずはじめに受託手荷物(チェックインカウンターで預ける荷物)のルールを確認していきましょう!

アシアナ航空の無料手荷物の許容量は以下の通りです。

搭乗クラス手荷物の個数重量
ファーストクラス3個32kg
ビジネスクラス2個32kg
エコノミークラス1個23kg
乳児1個+折りたたみ式or携帯用ベビーカーor幼児用カーシート10kg

アシアナ航空を利用してアメリカ路線を利用する場合、エコノミークラスの手荷物の個数が1個→2個、乳児の手荷物の重量が10kg→23kgになります。

また、アシアナクラブ会員のグレードによって受託手荷物の個数が異なります。以下をご覧ください。

(アメリカ路線以外)

会員グレード手荷物の個数
プラチナ/ダイヤモンドプラス/ダイヤモンド2個(1個当たり最大23kgまで)
ゴールド1個(1個当たり最大32kgまで)
シルバー1個(1個当たり最大23kgまで)

 

(アメリカ路線の場合)

搭乗クラスダイヤモンド/ダイヤモンドプラスゴールドシルバー
ファーストクラス4個(1個当たり最大32kgまで)4個(1個当たり最大32kgまでが3個+9kg以下1個)3個(1個当たり最大32kgまで)
ビジネスクラス3個(1個当たり最大32kgまで)3個(1個当たり最大32kgまでが2個+9kgが1個)2個(1個当たり最大32kgまで)
エコノミークラス3個(1個当たり最大23kgまで)3個(1個当たり最大32kgまでが1個+23kgが1個)2個(1個当たり最大23kgまで)

 

また、無料手荷物の許容サイズは、荷物の3辺の合計が158cm以下(持ち手とキャスターを含む)とされています。

具体的なサイズ感ですが、

キャリケースのLLサイズでも問題なく無料で預けることができます。

LLサイズのキャリケースは1週間から10日程度の荷物を収納できるサイズなので滞在日程が長い旅行の場合かなり重宝しますよ!

また、アシアナ航空の公式サイトには手荷物計算機というサービスがあります。

これは、出発地、目的地、日程、座席クラス、アシアナクラブの会員グレードを入力することで無料手荷物の許容量を確認し、超過料金を事前に把握することができます。

ぜひ飛行機に搭乗する前にこのようなサービスを利用してみることもおすすめですよ。

手荷物計算機のページはこちら

超過手荷物

3辺の合計が158cmを超えるものや受託手荷物の許容量を超える場合、追加料金を支払うことによって手荷物を預けることができます。

超過手荷物に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

機内持ち込みの手荷物ルール

次に機内持ち込みのルールについて確認していきましょう。

機内に持ち込める手荷物のサイズ及び個数は以下の通りです。

搭乗クラス持ち込める個数
ファーストクラス、ビジネスクラス2個
エコノミークラス1個

そして、

機内持ち込み手荷物の1個当たりの許容量ですが、

重量10kg以内の三辺が115cm以下と手荷物は機内に持ち込みができます。

三辺の和が115cm以下と言ってもなかなか分からないので具体例を出すと、

SSサイズ又はSサイズのキャリケースであれば機内持ち込みは可能です。

また、機内持ち込みの荷物の他に以下に該当する品物のうち1つであれば持ち込むことが可能です。

・読み物
・小型免税
・ブリーフケース
・ハンドバッグ
・ノートパソコン
・お身体の不自由なお客様の杖や松葉杖
・目の不自由な方を補助する盲導犬
・機内で飲食するベビーミルクまたはベビーフード

機内に持ち込むことのできる液体物の基準

 

機内に液体類の持ち込みをすることは可能です。

ただし、各容器の容量が100㎖以下で、一人当たり1個までで1ℓ容量のジッパーに付いた透明プラスチック袋に入れることで持ち込むことができます。

楽器

 

バイオリンなど小型楽器で3辺の合計が115cm以下であれば機内に無料で持ち込むことが可能です。

チェロやギター等の大型楽器を機内に持ち込む場合は、別途で楽器用の座席を購入しないといけないので、なるべく受託荷物で預けるようにしましょう!

 

例外として機内持ち込みが認められているもの

基本、粉末類の機内への持ち込みはできませんが、以下に該当するものは例外として認められています。

医薬品→処方箋医薬品

市販医薬品→液状の薬、目薬、コンタクトレンズ用の薬

非医薬品→医療用目的で使われる氷、血液、自閉症患者の飲み物

特別療法食

子供用品→牛乳、水、ジュース、おかゆ等

航空輸送禁止品

以下に該当する品目は受託手荷物でも機内持ち込みでも輸送することはできないものです。

リチウム電池を使う全ての乗り物と、160whを超えるリチウムバッテリー

爆発物、ダイナマイト等

引火性高圧ガスが含まれているもの

特にリチウム電池のスマホバッテリーは利用されている方もいらっしゃると思うのですが、旅行に行く際はあまり持って行かないことをおすすめします。

その他の輸送制限品について気になる方はこちらをご覧ください。

アシアナ航空を利用して旅行に出かけよう!

今回はアシアナ航空の手荷物ルールを簡単にご紹介してきました。

アシアナ航空の受託手荷物と機内持ち込みの手荷物は一般の航空会社のルールとさほど変わりません。

超過料金がかかるのではないかと不安に思われる方はアシアナ航空の公式サイトにある手荷物計算機を利用することもおすすめです。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事