普段は羽田空港からソウルへ向かうのですが、どうしても期間限定で成田⇄仁川間を就航しているアシアナ航空のA380のビジネスクラスに搭乗してみたい!という理由から今回は成田空港からソウル仁川国際空港まで向かいました。

飛行時間は2時間半とかなりの短距離路線ではありますが、機内の居心地の良さ、機内食のクオリティが本当に素晴らしかったので簡単に搭乗記としてご紹介していきたいと思います。

*本記事で掲載している画像は若干縦長となっており見辛いかと思いますが、あらかじめご了承ください。

スポンサードリンク

アシアナ航空のビジネスクラスはマイルで予約した!

今回の航空券はANAのマイルを利用して発券しました。行きをビジネスクラス、帰りをエコノミークラスにしたので、必要マイル数はわずか22500マイル(空港税などで8000円ほど支払いました。)

東京⇄韓国間の必要マイル数は他の海外に比べて必要マイル数が圧倒的に少ないので、まだANAの陸マイラー初心者でビジネスクラスの経験をしたことがないよ!という方は東京⇄韓国間のビジネスクラスの航空券を発券することをオススメします。

スポンサーリンク

チェックイン

チェックインカウンター

アシアナ航空のエコノミークラスのカウンターはエアソウルと同じカウンターを利用するのですごい行列でした。普通に並んだらチェックインが完了するまでに20分ぐらいかかるんじゃないかなというぐらいでしたよ。

今回私はビジネスクラスの搭乗なので列に並ばずにスムーズにチェックインすることができました。

ゴールドトラックレーン

チェックインを済ませ、保安検査場へと向かいます。成田空港の場合、スターアライアンスゴールドメンバー又はスターアライアンスに加盟している航空会社のビジネスクラス、ファーストクラスに搭乗する方はゴールドトラック(優先搭乗レーン)を利用することができます。

スムーズに保安検査を済ませ、出国審査へと進めるのは嬉しいですね。

ANAラウンジとユナイテッドクラブを訪問

ビジネスクラスに搭乗しているのでもちろん航空会社系のラウンジを利用することができます。アシアナ航空はスターアライアンスに加盟しているので成田空港の場合、ANAラウンジとユナイテッドクラブを利用することができます。

今回は飛行機に搭乗するまで時間に余裕があったのでANAラウンジ、ユナイテッドクラブ両方訪問してみました。

ANAラウンジ

ANAラウンジでの食事

ANAラウンジは、平日の午前中ということもあり私を含めてラウンジを利用している人は5名ほどしかいませんでした。全然人がいなかったので快適にラウンジ内で過ごすことができましたうよ。

ビュッフェ形式の軽食から、オーダー形式で注文のできる麺類やカレーなど様々な料理を楽しむことができます。

成田空港のANAラウンジの全貌について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ユナイテッドクラブ

ユナイテッドクラブの入り口
ANAラウンジでゆっくり過ごした後に、ユナイテッドクラブに訪問してみました。

ユナイテッドクラブラウンジ風景

こちらも平日の午前中ということもあり座席はガラガラでした。ラウンジの広さ、座席数の多さで言えばユナイテッドクラブの方が大きいように感じましたよ。また、欧米人の方が床で寝そべっていました。

さすが外国人、日本人じゃ絶対にできません...

ビュッフェ形式の軽食類
フードの量はANAラウンジと比べて少ないような感じです。

時間帯によってはフードの量が変わるのかもしれませんが、私がユナイテッドクラブを訪れた際は、食事の量が少なく、これが航空会社系のラウンジなの?と思うぐらい少なかったです。

ユナイテッドクラブラウンジメニュー 2

アメリカの航空会社ということもあり、パンやスコーンの種類はANAラウンジよりも多かったです。スコーンを一つ頂きましたがとても美味しかったので次回成田空港を利用する際もユナイテッドクラブに訪れてみたいなぁと思いました。

ANAやアシアナ航空のビジネスクラスを利用する方はANAラウンジorユナイテッドクラブを利用することができますが、人が混雑していなければANAラウンジをオススメします。

ANAラウンジは食事の量も多く、時間帯によっては板前さんが登場してお寿司を握ってくれるサービスなどがあります。

また、どの時間帯でもシャワーを利用することができるので、搭乗前にシャワーを浴びてさっぱりしてから飛行機に搭乗したい!という方は断然ANAラウンジがおすすめ。

一方でユナイテッドクラブはフードの量が少なく、時間帯によってはシャワールームの利用が制限されてしまうということもあるので、ANAラウンジが大混雑していた場合のみユナイテッドクラブを利用するというスタンスで良いかなぁと思いました!

アシアナ航空 ビジネスクラス(OZ101)便に搭乗!

アシアナ航空搭乗口

いよいよアシアナ航空A380に搭乗です!

ビジネスクラスの搭乗者は優先搭乗ができるのでエコノミークラスの長蛇の列をスルーして、飛行機にいよいよ搭乗します!(ワクワクしすぎて写真がブレてしまいました...)

A380のビジネスクラスシート

こちらがアシアナA380に搭載されているビジネスクラスのシートです!アシアナの A380ビジネスクラスの座席は全て2階に設置してあります。

ビジネスクラスシート2
A380のビジネスクラスのシートはスタッガードシートを採用しているのでリクライングを下げて簡易的なベッドに変更することも可能です。オットマンとして足を伸ばして使う方法もアリですね!

わずか2時間半の短距離路線でフルフラットシートを搭載した機材に乗れるなんて贅沢でした。シートの座り心地も良く、フライト中はシートを倒して映画鑑賞などを楽しみましたよ。

ちなみに、飛行機が離陸する前にアシアナ航空のビジネスクラス以上に搭乗される人にはウェルカムドリンクが用意されるはずなのですが、東京⇄韓国という短距離路線ということもあり、ウェルカムドリンクのサービスはありませんでした。

ビジネスクラスの搭乗者に配られるスリッパ

短距離路線ですがスリッパの用意はありました。(歯ブラシやマウスウォッシュなどは化粧室に置いてあります。)

アシアナ航空ビジネスクラスの機内食はANAよりも断然美味しい!

ビジネスクラス食事メニュー

飛行機の離陸後、CAさんが食事のメニューや飲み物のリクエストを聞きに来ました。東京⇄ソウル便の場合、洋食か韓国食を選ぶことができます。洋食だと、フィレ肉のステーキ、韓国食だとビビンバとなっています。

私は洋食と飲み物にシャンパンを注文しました。

ビジネスクラスの機内食、洋食

しばらくすると、CAさんがおぼん一つで注文した料理を運んできました。短距離路線だとコース料理のように料理が一つずつ提供されるということはないみたいです。この後CAさんが温かいパンを運んできてくれました。

肝心なお味の方は、めちゃくちゃ美味しかったです!!機内食の肉ってこんな柔らかった?と思うほど焼き加減もミディアムレアでとても美味しくいただくことができました。

以前、東京から香港に行く際にANAのビジネスクラスを利用したのですが。その時に注文したフィレ肉のステーキはコゲており、ステーキってこんな硬かった?と思うほど美味しくなかった分、今回は大満足でした!

香港路線のANAビジネスクラス食事

機内食はANAと比べると圧勝ですね。機内食はアシアナ航空が美味しいと口コミを良く目にしていたのですが、本当でした!

次回韓国に行く際もアシアナ航空を利用したいなぁと思います。

アシアナ航空ビジネスクラスの化粧室はとっても清潔だった!

ビジネスクラス化粧室にはロクシタンのアメニティが置いてある
アシアナ航空のビジネスクラスの化粧室には歯ブラシ、マウスウォッシュ、コームなど短距離路線では十分すぎるほどのアメニティの品揃えでした。また、ロクシタンのハンドクリームなども置いてあり、ANAと比べるとアシアナ航空のビジネスクラスはアメニティにも力を入れてるなぁと思いました。

東京⇄ソウル間は日系の航空会社よりもアシアナ航空がオススメ!

空港の出発ゲート付近の風景

今回はアシアナ航空A380ビジネスクラス搭乗記を簡単にご紹介していきました。

チェックインから仁川空港の到着まで大満足の時間を過ごすことができました。私自身ANA,JAL,大韓航空、アシアナ航空のビジネスクラスを利用して韓国に訪れた経験がありますが、

アシアナ航空は特に機内食が素晴らしい!!

というか他の航空会社と比べものにならないぐらいハイクオリティでした!

機内食は大満足でしたが、客室乗務員の方の気遣いやサービスはやはりJALやANAの方が1枚上手のような感じがします。

サービスなどを考えなければ、圧倒的にアシアナ航空のビジネスクラスの方が良かったので、今後アメリカやヨーロッパ方面に行く際は積極的にアシアナ航空のビジネスクラスを利用して行きたいと思いました!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事