コートヤードマリオット銀座東武ホテル宿泊記|お部屋・プラチナエリートの特典を解説

東京・東銀座にたたずむ「コートヤードマリオット銀座東武ホテル」

銀座からもほど近い距離に位置し、ビジネスや観光利用など幅広いシーンで活用できるホテルです。
そこで今回は、コートヤードマリオット銀座東武ホテルの宿泊記をブログ形式でお届け。

お部屋の様子やマリオットボンヴォイのエリート特典など詳しく解説してきます!

ロビー&レセプション

ロビー&レセプション

ホテル館内に入ると重厚感ある空間が広がります。

ラウンジオアシスの様子

ロビー階には「ラウンジ オアシス」というロビーラウンジがあり、ビジネスマンの方が打ち合わせ、銀座マダムの方がアフタヌーンティーなどをされていました。

スポンサーリンク

マリオットボンヴォイエリート会員特典

マリオットボンヴォイのエリート会員の方であれば、さまざまな特典を受け取れます。

ゴールドエリート会員特典

ゴールドエリート会員特典
・客室の無料アップグレード(お部屋の空き状況による)
・レイトチェックアウト14時まで(お部屋の空き状況による)
・滞在ごとに25%のボーナスポイントを獲得

プラチナエリート会員特典

プラチナエリート会員特典
・客室の無料アップグレード(お部屋の空き状況による)
・レイトチェックアウト16時まで(お部屋の空き状況による)
・滞在ごとに50%のボーナスポイントを獲得
・アライバルギフト

※コートヤードマリオット銀座東武ホテルには残念ながら、クラブラウンジはありません。

アライバルギフトのメニュー表

アライバルギフトは、以下2種類の内容から選べます。

・マリオットボンヴォイ500ポイント
・選べるドリンクと軽食

おすすめは、選べるドリンクと軽食セット。

ドリンク類は、こだわりのソフトドリンクからワインなどのアルコール類を揃えていて、軽食はアメリカンクラブハウスサンドや季節のフルーツの盛り合わせなどがあります。

注文した軽食とドリンク

今回の滞在では、ドリンクに赤ワインと桃ジュース、軽食にアメリカンクラブハウスサンドとチーズの盛り合わせを注文してみました。

20分程度でホテルスタッフの方がお部屋まで運んできてくれました。

赤ワインは200mlほどのボトル。
ミディアムボディの赤ワインであっさりしていて美味しかったです◎

桃ジュースは国産の白桃果汁を50%使用したリッチな桃ジュース。

アメリカンクラブハウスサンド

アメリカンクラブハウスサンドは、ハム、レタス、トマトなどが入っていてボリューム満点。

チーズの盛り合わせ

チーズの盛り合わせは、クラッカーやくるみなどのナッツと一緒に運ばれてきます。
赤ワインのおつまみに最適◎

コートヤードマリオット銀座東武ホテルにはクラブラウンジの用意はありませんが、自分な好きなドリンクや軽食をお部屋で楽しめる点はかなり魅力的なエリート会員特典の一つだと思います!

マリオットボンヴォイのプラチナエリート会員特典の詳しい全貌についてはこちらの記事をご確認ください。

スポンサーリンク

9F【プライムフロア】プライムキングルーム

プライムフロアの廊下

今回は一番カテゴリーの低い、「エコノミーダブル」というお部屋を予約していました。

私は、マリオットボンヴォイのプラチナエリート会員のため、「プライムキングルーム」という上位のカテゴリーにアップグレードしていただきました。

ベッドルーム

プライムキングルーム全体の様子

それでは、ここからはお部屋の様子をご紹介します。

お部屋全体はこのような感じです。
ダークブラウンを基調とした上質で落ち着きのある空間を演出しています。

お部屋の広さは26m2と銀座エリアにあるビジネスホテルと比較すると、ゆったりめの作り。

マットレス

ベッドはキングサイズ。
反発性高めのマットレスです。
好みが分かれるマットレスかもしれません。

ベッドサイド

ベッドサイドにはアルコールシートが置かれています。
Bluetooth接続のスピーカーなどはありませんでした。

空調設備は、ホテル全体で管理しているとのことで、温度調整が難しく、使い勝手が悪かったです。
空調を切っても、暖房が切れなかったため、このあと、別のお部屋を用意していただきました。

お部屋からの眺望

東銀座という立地のため、眺望はイマイチ。
銀座という立地のため仕方ありません。

デスクワークに最適な椅子

デスクワークに最適な椅子。
座り心地が良く、パソコンを使った作業がはかどりました。

液晶テレビ

テレビはパナソニック製の32型液晶テレビ。
かなり古い型番なのか画質は良くありません。

ちなみに、YouTubeやNetflixなどを楽しめるスマートテレビではありませんのでご注意を。

ホテルロゴ入りのクッキー

チェックインの際にいただいたホテルロゴ入りのクッキー。

ネスプレッソマシーン

コーヒーはネスプレッソマシーン。

コーヒーカプセル

コーヒーマシーンのカプセルはは4種類と種類豊富。

ティーバッグ

ティーは、緑茶、ほうじ茶、紅茶のティーバック。

ミニバー

ミニバーの下には、グラス類、電気ケトル、アイスペールなど。

製氷器コーナー

氷が必要な場合は各階のエレベーターホール付近に、製氷器が設置されています。

撮影し忘れてしまいましたが、冷蔵庫の中は空のため、持参した飲み物や食べ物を十分冷やせます。
また、ミネラルウォーターはあらかじめ2本無料のものが用意されています。
追加で欲しい場合、ホテルスタッフの方にリクエストすれば何本でもいただけますよ。

ウェットエリア

ウェットエリア全体の様子

お次はウェットエリアのご紹介です。

ウェットエリアは、シンク、トイレ、バスルーム一体型。
1987年に開業され、大規模な改装工事もとくに行っていないため、仕方ありませんね。

バスルーム

バスルームは、シャワーとバスタブが一体型。
お湯に浸かりたい場合は不便な作りです。

シンク

シンクはシングルタイプ。
古さは感じるものの、メンテナンスがしっかりされているため、清潔感があります。

バスアメニティ

バスアメニティはコートヤードホテル共通の「ニルヴァエ」
アロマの香りが心地良いバスアメニティセットです。

基礎アメニティ

基礎アメニティが収納されている箱の上には、マウスウォッシュやハンドタオルが置かれています。

箱に収納された基礎アメニティ

引き出しを開けると、高級ホテルのように箱の中にアメニティが収納されています。

市販で販売されているクオリティのカミソリ

とくにアメニティで驚いたのがカミソリ!
市販で1000円程度しそうなしっかりとしたヒゲソリが入っていました!

男性の方にはテンションの上がるアメニティだと思います!
使い捨ては勿体ないので、自宅にお持ち帰りしました。

余談ですが、コートヤードマリオット銀座東武ホテルのお隣にあるACホテル東京銀座のプライムフロアに宿泊した際も、同じヒゲソリが置かれていましたよ。

ドライヤー

ドライヤーはパナソニック製の低価格タイプのもの。
髪の毛を乾かすには少々時間がかかります。

基礎化粧品セット

ホテルへリクエストすれば、雪肌精の基礎化粧品セットを無料でいただけます。

クローゼット

クローゼットの中にはスリッパや浴衣などが収納されていました。

スリッパ

スリッパはホテルロゴ入りのふかふかタイプ。
高級ホテルに置かれているようなタイプ。

浴衣

浴衣はもみじのデザインがオシャレ。
ちなみに、9Fのプライムフロアにはバスローブの用意はなし。
2000円程度の追加料金を支払わなければ使用できません。

バスローブ

10Fのプレミアムフロアというお部屋にあるプライムキングルームの場合は、無料のバスローブが用意されています。
軽い素材で着心地が良く、肌触りも良かったです。

ACホテル東京銀座のプライムフロアに置かれているバスローブの着心地にかなり似ていました!

館内施設

ここでは、コートヤードマリオット銀座東武ホテルの館内施設をご紹介します。

地下1階:ビジネスセンター

ビジネスセンター

地下1階にあるビジネスセンターです。入室される場合は、ルームキーが必要です。
パソコンやファックスなどが用意されています。

ビジネス利用の方でお部屋で作業していて集中出来なくなった場合は、こちらで作業すると良いかもしれませんね。

地下1階:フィットネスジム

フィットネスジム

地下1階にあるフィットネスジム。こちらも入室する際はルームキーが必要です。

フィットネスジム内にあるトレーニングマシーン

ランニングマシーンやウェイトトレーニングマシーンなど最低限のマシーンが用意されています。

朝食

フィオーレの入り口

ホテル1階にあるNYグリル&ブッフェ「フィオーレ」ではビュッフェ形式の朝食を楽しめます。

洋食・和食の定番メニューからフォーなどの少し変わったメニューまでさまざま!

ピックアップした朝食

朝食の様子を下記の記事内で詳しくレビューしています。

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルに隣接しているマリオット系列のホテルも要チェック!

東銀座にあるマリオット系列ホテルのロゴ

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルのある明治通り沿いは、マリオット系列の「ACホテル東京銀座」「アロフト東京銀座」があります。

それぞれ特徴の異なったユニークなホテルなので、予算や日程に余裕のある方はぜひ、ホテルホッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ACホテル東京銀座の宿泊記はこちら

アロフト東京銀座の宿泊記はこちら

アクセス

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルの最寄り駅は東京メトロ日比谷線|東銀座駅。
A1番出口より、徒歩5分程度の距離に位置しています。

コートヤードマリオット銀座東武ホテルに向かう途中で、アロフト東京銀座、ACホテル東京銀座とマリオット系列のホテルが見えてきます。

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルで快適なホテルステイを楽しもう!

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルのロゴ

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルの宿泊記をご紹介しました。
ホテル全体として古さはあるものの、メンテナンスがしっかりされていて居心地の良い空間でした。

また、ホテルスタッフの方のホスピタリティや接客力が高く、快適なホテルステイとなりました。

銀座エリアに宿泊する際は再訪したいです。

ぜひ宿泊されてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい記事はこちら
スポンサーリンク
コメントを残す

【期間限定】マリオットボンヴォイアメックスカード入会キャンペーン

2022年4月26日より、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの入会キャンペーンが開始されました。

期間中の決済額に応じて、最大39,000ポイント獲得可能の激アツキャンペーンです!

獲得できるポイント数は下記の通り。

キャンペーンで獲得できるポイント数
・3ヶ月以内に30万円利用で30,000P
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000P

また、当サイトよりお申込みいただくと最大45,000ポイント獲得可能です。
内訳は下記の通りです。

当サイトよりお申し込みいただいた場合
・3ヶ月以内に30万円利用で36,000P
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000P

アメックスの公式サイトで申し込んだ場合と比較して、6,000ポイントも多くポイントを獲得できます!

45,000ポイントを獲得できれば、「リッツカールトン」や「Wホテル」といったマリオットボンヴォイに加盟している最高級ホテルの無料宿泊が可能に。

これまでにマリオットポイントを使って下記のようなラグジュアリーホテルに無料宿泊しました。

ザプリンスギャラリー東京紀尾井町の客室ザプリンスギャラリー東京紀尾井町

ザリッツカールトン東京の客室ザリッツカールトン東京

ザリッツカールトン大阪の客室ザリッツカールトン大阪

また、ポイントを18万ポイント交換することでANAマイルを75,000マイル獲得し、東京⇄ニューヨーク間、東京⇄ロンドン間の往復ビジネスクラス特典航空券を発券可能なマイル数も獲得できます。

ANAビジネスクラスシート東京ーロンドン線のANAビジネスクラス「THE Room」

羽田ーロンドン線で提供された機内食東京ーロンドン線のビジネスクラスで提供される機内食

2020年の2月にマリオットポイントをANAマイルに移行し、東京ーロンドン線の往復特典航空券を発券し、空港手数料の50,000円のみでビジネスクラスに搭乗しました。

シンガポール航空A330のビジネスクラスシートマイルでほぼタダで搭乗したシンガポール航空ビジネスクラス

タイ航空ビジネスクラスで提供されたシャンパンタイ航空のビジネスクラスでいただいたヴーヴ・クリコのシャンパン

さらにポイントだけでなく、マリオットボンヴォイアメックスカードを発行すると、ザッと下記のような特典を受け取れます。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの特典
・マリオットボンヴォイゴールドエリート会員付帯。
・毎年カード更新のタイミングでマリオットポイント最大65,000ポイント以下のホテルに無料宿泊。
・日々のお買い物100円の決済ごとに3ポイント付与。
・マリオット系列のホテルに宿泊する際は100円につき6ポイント付与。
・「リッツカールトン」や「セントレジス」ホテルに2泊以上すると、100ドルのホテルクレジットをプレゼント。
・国内外29の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能。
・最高1億円の国内外旅行保険。

年会費が49,500円(税込)と一般的なクレジットカードと比較するとやや高額ですが、上記の特典をフル活用すれば、年会費の元は十分取れると断言できます。

今回の新規入会キャンペーンを上手く活用して、2022年はワンランク上の国内旅行・海外旅行を楽しむためにマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードをぜひ発行してください!!

 

スポンサーリンク