イースター航空(イースタージェット)はLCC会社ということもあり大手航空会社に比べて手荷物のルールが細かく定めらています。手荷物のルールを全く知らないで搭乗日を迎えてしまうと、チェックインカウンターでドタバタしてしまい、旅行前から気分が冷めてしまうなんてことも。

そうならないためにも今回はイースター航空の受託手荷物と機内持ち込みのルールについて詳しく解説していきますよ!

スポンサードリンク

受託手荷物のルール

空港に置いてあるキャリケース

まずは受託手荷物のルールを確認していきましょう。イースター航空の無料受託手荷物の許容量は三辺の合計が203cm以下で重さが15kgまでであれば無料で預けることが可能です。

三辺の合計が203cm以下ということは標準のLLサイズのキャリケースであっても預けることができますよ。

そして、無料の受託手荷物の枠を超えそうといった場合も超過料金を支払うことによって三辺の合計が203cm以下で重さが32kgまで手荷物を預けることが可能です。超過手荷物の料金は日本⇄韓国路線の場合1kg当たり1,000円となっています。

また、受託手荷物を一つではなく複数個預けたい場合、出発24時間前まで事前購入することができ、5kg単位で受託手荷物の枠を購入することが可能です。日本⇄韓国線の場合、5kgごとに30,000ウォンの追加料金が必要になります。

受託手荷物&機内持ち込みで禁止されているもの

受託手荷物&機内持ち込みで禁止されているものは以下の通りです。

爆発物
手榴弾、ダイナマイト、火薬類、発煙弾、照明弾、爆竹、地雷、雷管、信管、導火線、発破キャップ等 爆発装置

引火性物質
マッチ、ライター、ブタンガスなどの引火性ガス、ガソリン塗料などの引火性液体70%以上のアルコール飲料など但し、小型安全マッチやポータブルライターは、各1個に限り機内持ち込み可能

放射性、伝染性、毒性物質
塩素、漂白剤、酸化剤、水銀、下水溝掃除剤、毒物、医療用・商業用放射性アイソトープ、伝染性、生物学的危険物質等

他の危険物質
消火器、ドライアイス、ガス等
ドライアイスは二酸化炭素を排出しやすいように安全に包装されている場合、1人当たり2.5kgに限り航空会社の承認の下で機内お持ち込み可能(腐りやすい物品を包装し輸送するのために使用されるものに限る)

その他の乗客および航空機に危害を与える可能性があると判断された物

出典:イースター航空公式サイト

 

スポーツ用品の持ち込み

 

スポーツ用品だと、3辺の合計が203cm以下で重量が32kg以内のものであれば受託手荷物として預けることが可能です。

ただしスポーツ用品を預ける場合は無料の受託手荷物枠の許容量に追加して特殊手荷物料金として10,000ウォン支払う必要があります。もちろん無料の受託手荷物の許容量である15kgを超えると超過料金を支払う必要があります。

主に預けることのできるスポーツ用品は、自転車、サーフボード及びウインドサーフィン、スキー、スノーボードとなっており、その他のスポーツ用品を受託手荷物で預ける場合は事前にイースター航空のカスタマーセンターに連絡することをおすすめします。

楽器類の持ち込み

小さい楽器類(ギターやバイオリン)等は受託手荷物として預けることは可能ですが、大きい楽器類(チェロやチューバ)等の楽器を預ける場合は、追加で座席の購入をしていただき機内に持ち込む必要があります。

ただし、大型楽器類の機内持ち込み希望の方はオンライン上でチケットを購入することはできないので、必ず電話での予約センターを通じて予約するようにしましょう。

スポンサーリンク

機内持ち込みのルール

空港出発ゲート

次に機内持ち込みのルールについて確認していきましょう!

機内持ち込みできる手荷物は、機内の棚や座席下に保管できる三辺の合計が115cm以下で重さが7kg以下の手荷物を1個無料で持ち込むことができます。また、身の回りの手荷物(ノートPC、ハンドバッグ、化粧品かばん、書類かばん)等は無料で持ち込むことが可能です。

機内持ち込みが禁止されているもの

先ほどご紹介した【受託手荷物&機内持ち込みで禁止されているもの】の他に機内持ち込みが禁止されている項目は以下の通りです。受託手荷物として預けることは可能となっています。

槍・刀剣類
果物ナイフ、カッター刃、折りたたみ式ナイフ、カミソリ、銛、手裏剣、ダーツなど
安全カミソリ、一般的な携帯用カミソリ、電気シェーバーなどは機内持ち込み可能

銃器類
全ての銃器及び銃器部品、弾丸、電子衝撃機、玩具銃
銃器類は航空会社に所持許可書等を提出し、弾丸を分離した後にお預かり可能

武術・護身用品
双節棍、攻撃用激闘武器、警察棒、手錠、護身用スプレー等
護身用スプレーは、1人当たり1個(100ml以下)のみお預かり可能

スポーツ用品類
野球バット、ホッケースティック、クラブ、ビリャードキュー、氷上スケート、ダンベル、ボウリングボール、弓矢等
テニスラケットなどのラケット類、インラインスケート、スケートボード、トレッキングポール、野球のボールなど空気が入っていないボール類は機内へのお持込み可能

工具類
斧、ハンマー、ネイルガン、のこぎり、錐、ドリル、刃の長さが6cmを超えるはさみクリュードライバー、ドリル芯類, 銃の長さが10㎝を超えるレンチ、スパナ、ペンチ類、家畜モール棒など

出典:イースター航空公式サイト

 

液体類の持ち込みルールについて

韓国はコスメ大国ということもあり機内に化粧品や香水類などを持ち込む方も多いと思います。ですが、液体類の持ち込みについては厳しくルールが決められているのでしっかり守るようにしましょう。

液体類の持ち込み制限は以下の通りです。

・容器1つにつき100ml以下で容器は1ℓ以下の透明なジッパーバッグに入れること

・1ℓ以下の透明なジッパーバッグの機内持ち込みは1個まで

・ベビーフードや常用の薬は機内で服用される量のみ持ち込み可能

・空港免税店で購入した液体類(お酒・香水)に関しては、「Security Tamper-Evident Bag」に入った商品のみ機内に持ち込み可能

リチウムバッテリーについて

スマホの充電器やポケットWiFiなどに搭載されているリチウムバッテリーは火災の危険性があるため、旅行中の個人目的で使用される場合のみ持ち込みが可能となっています。

空港でチェックインを行う前に必ず、スマホの充電器やポケットWiFiにリチウムバッテリーが搭載されていないかどうか確認しておきましょう。

リチウムバッテリーの許容量は以下のようになっています。

バッテリー種類100 Wh/リチウム含有量2g未満100〜160 Wh/リチウム含有量2〜8g160 Wh以上/リチウム含有量8g以上
機器に装着されたバッテリー1名当たり最大15個まで
(受託手荷物量を含む)
個人使用
(航空会社の承認が必要)
不可
予備バッテリー航空会社の承認の下で最大20個まで可能
(受託手荷物で預けることは不可)
搭乗者1人あたり2点
(受託手荷物で預けることは不可)
不可
電子タバコ携帯可能
(受託手荷物で預けることは不可)
不可不可

その他のリチウムバッテリーの詳細について知りたい方はイースター航空公式サイトをご覧ください。

イースター航空を利用してお得に韓国へ旅行に行こう!

明洞の繁華街

今回はイースター航空の受託手荷物と機内持ち込みのルールについて徹底解説していきました。イースター航空はたとえ手荷物の重量が超過してしまっても超過料金がリーズナブルに設定されているなど格安で韓国に行きたい人にとってもってこいの航空会社だと思います!

ぜひイースター航空で素敵な韓国の旅を楽しんでくださいね!

*受託手荷物、機内持ち込みの手荷物について今回紹介した品目以外にも手荷物として禁止されているものが存在します。もし預けられるかどうか不安な方は事前にイースター航空のカスタマーサポートもしくは搭乗日に空港チェックインカウンターで必ず問い合わせるようにしていただけるようお願い致します。

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事