スワンナプーム国際空港にはプライオリティパスで入室できるラウンジが数多くあります。その中でも、ぜひ訪問したいラウンジの一つが「ミラクルラウンジ(Miracle lounge)」です。

2017年にオープンしたばかりということもあり、ラウンジ内は清潔感があり居心地が良いです。また、出発ゲートの中心に位置しているのでアクセスが良いのも魅力的なところ。

出発前にゆっくりとした時間を過ごされたい方はミラクルラウンジを訪問してください!

スポンサードリンク

Miracle loungeの違いについて

2020年現在、スワンナプーム国際空港にはプライオリティパスで利用できるラウンジが全部で14つあります。その中の9つを占めるのが「Miracle lounge」

どこのラウンジも入室の条件や設備等に違いはありません。

その中でもイチオシが、コンコースD6付近にある「Miracle First Class Lounge」です。

理由は以下の通りです。

・2017年に出来たばかりで、ミラクルラウンジの中で一番新しい。

・コンコースDにあるので、アクセスが良い

・座席間隔にゆとりがあるので、ゆっくりと過ごせる。

・料理やドリンクの品揃えが豊富。

・シャワールームが広めの設計で、清潔感がある。

スポンサーリンク

Miracle First Class Loungeの基本情報

Miracle First Class Loungeはいわゆるカードラウンジなので、プラオリティパスで入室することが可能です。また、プライオリティパスを所持していなくても、一般客でも利用できます。

Miracle First Class Loungeの基本情報は以下の通りです。

Miracle First Class Loungeの基本情報

【ラウンジの利用条件】プライオリティパスの所持or一般利用料金1200バーツを支払って入室可能

【ラウンジの場所】スワンナプーム国際空港、3階コンコースD6付近

【営業時間】24時間

【同伴可能か?】プライオリティパス所持者1名につき、3才未満の子供の入室が無料

【滞在時間】最長2時間

【ラウンジの内容】 軽食、アルコール、シャワールーム、無料WiFi

一般料金は1200バーツ。日本円にすると、4100円程度なのでちょっとお高い。利用する際はプライオリティパスで入室することをおすすめします。

また、24時間営業なので、深夜便を利用する際にも訪問できるので便利!

Miracle First Class Loungeのアクセス方法

スワンナプーム国際空港全体マップ

Miracle First Class Loungeへのアクセス方法は、3階コンコースD、D6付近にあります。出国後は4階に出るので、3階に下る必要があります。

近くにはプライオリティパスで利用できる「ターキッシュエアウェイズラウンジ」や「ブルーリボンクラブラウンジ」などがあります。

コンコースDはスワンナプーム国際空港の中心に位置しているので、アクセスが良いのも魅力。

Miracle First Class Loungeの内観全体

ミラクルラウンジ入り口
出国審査の場所から歩くこと5分でラウンジに到着。パスポート、ボーディングパス、プライオリティパスを提示してラウンジの中へ入っていきます。

ラウンジは大きく左右に別れており、左側がラウンジスペース。右側がダイニングエリアといった仕様になっています。

ラウンジ全体は白やゴールドを基調としていて、高級感があります。ファーストクラスラウンジと名前を付けてるだけはありますね。

ダイニングエリアの内観
ダイニングエリアです。座席間隔も広々としており、ゆっくり食事を楽しめます。

天井も高く開放的な空間

天井も高く開放感があります。

ソファ席

ソファ席もあります。

広々とした空間が広がっている

広々としているので、混み合っても圧迫感はありません。

改善点を上げるとすれば、こちらのラウンジ冷房がありません。かなり暑いです。なので、ラウンジの至るところに業務用の扇風機が置いてあります。それでも、日中は日差しが入るので暑い。

暑さに苦手な人は、ミラクルラウンジの日中利用は避けた方がよいかもしれません。

ラウンジエリアの全体

ラウンジエリアにはビジネスセンターのような場所もあり、集中してデスクワークができます。

団体客向けの半個室型のラウンジ

団体利用者向けに、半個室のラウンジスペースもありました。

Miracle First Class Loungeの食事とドリンク

それでは、ダイニングエリアに置かれている料理やドリンク類を見てみましょう。

カットフルーツや野菜

カットフルーツや野菜など。

品揃え豊富な野菜

ラウンジにしては野菜の品揃えが豊富です。

タイ料理を目の前で調理してくれる

スタッフの方にお願いすれば、目の前でカオマンガイやパッタイといったタイ料理を作ってくれます。出来立ての料理を楽しむことができるのでうれしい!

カオマンガイ

実際にカオマンガイを注文してみました。

お米はパラパラとしたタイ米というより粘り気のある日本米に近いような感じでした。シンプルな味わいでおいしかったです。お好みでナムチム(カオマンガイのタレ)を付けて食べるとスパイシーな味わいになります。

中華料理

中華系の野菜炒め。

豚肉の炒め物

豚肉の炒めもの。

ピリ辛の焼きそば

ピリ辛の焼きそば。

サンドイッチ

卵のサンドイッチからツナマヨのサンドイッチなどもあります。袋の一つ一つ包装されているので、食べやすいです。

デニッシュ系のベーカリー

デニッシュ系のベーカリーから冷蔵庫の中にはケーキなども置いてありました。

日本未発売のアイスクリーム

冷凍庫の中には、日本では販売されていないような珍しいアイスクリームもあります。ミロのアイスクリームってあるんですね。

ソフトドリンクの品揃えは豊富

ソフトドリンクの品揃えは豊富!ビールも、ハイネイケン、シンハービール、レオビール、チャーンビールとスワンナプーム空港の中でもトップクラスの品揃えです。

冷えた白ワインやロゼワインあり

また、冷えた白ワインやロゼワインもあります。ロゼワインはあまりおいしくなかった...

リキュールの品揃え

リキュールの品揃えはまぁまぁ。

ラウンジエリアにもドリンクスペースあり

ラウンジエリアにもドリンクが置いてあるので、わざわざダイニングエリアを往復する必要はありません。コーヒーはネスカフェのもの。

Dilmathとリプトンのティーパック
紅茶はスリランカの有名ブランドDilmathとおなじみのリプトンが置かれています。さすがにTWGのテイーパックは置かれていませんね。

Miracle First Class Loungeのシャワールーム

シャワールームを利用する場合、受付で利用する旨を伝えてから利用します。

シャワールームは、かなり清潔感があります。以前、タイ航空やオマーン航空のシャワールームを訪問しましたが、ミラクルラウンジの方が清潔感は断然上で広々とした空間です。

シャワールーム全体

清掃はしっかり行き届いています。シャンプーに関してはポンプ式のものです。

基礎アメニティ

アメニティはミラクルラウンジオリジナルのもの。歯ブラシなど基礎アメニティが置いてありました。

Miracle First Class Loungeまとめ

 

ミラクルラウンジは、航空会社のラウンジと変わらないぐらいのハイクオリティのラウンジでした。

料理もそこそこおいしいし、帰国する前にタイ料理を楽しめます。ドリンクの量も豊富で飽きません。座席の間隔が広めにしてある点もうれしかった。

ただ、日中に訪問すると、とにかく暑い。せっかくシャワーを浴びても汗が出てしまいます。暑さが苦手な人は日中に利用することは避けた方が良いかもしれません。

また、プライオリティパスを利用してラウンジのはしごをしたい!という方は「オマーン航空のラウンジ」の訪問もおすすめ。

ラウンジのレビューは以下の記事でご紹介しています。

スワンナプーム国際空港でプライオリティパスを使って入室できるラウンジの中でも1位、2位を争うぐらいハイクオリティのラウンジなので一度訪問してみる価値アリですよ!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事