人生で1度とは言わず、何度でも乗りたいビジネスクラス。

でも、航空会社の公式サイトや比較サイトを見てもどれも値段が高くて、手を出すことができない。そう思われている方がほとんどだと思います。実は、ちょっとした方法やコツを知っていると、「え!こんな格安でビジネスクラスを予約できるの?」といったことが自然に起こります。

今回は、ビジエンスクラスに格安で乗るための方法を厳選して4つご紹介していきます!この記事を読めば、「普段支払っているエコノミークラスの料金にちょっと上乗せするだけでビジネスクラスを予約できる!」と実感いただけるかと思います。

ぜひ、この記事を読み進めて、憧れのビジネスクラスに乗ってワンランク上の旅行を楽しみましょう!

スポンサードリンク

ビジネスクラスに格安で乗る4つの手法

ANAマイルを使った特典航空券

羽田空港第二ターミナルに駐機してあるANAの飛行機

ANAマイルを使った特典航空券は、時間を必要としますが、最もお金をかけずにビジネスクラスに搭乗できる方法です。

ANAマイルを貯める方法は主に以下の4つです。私の場合、この4つの方法をフル活用して、ANAマイルを利用してビジネスクラスの特典航空券を年に数回GETしています。

ANAマイルを貯める方法

・ANAやスターアライアンスに加盟している航空会社の飛行機に搭乗する。

マイルの還元率の高いクレジットカードを日々利用していく。

・クレジットカードの入会キャンペーンを利用する

ポイントサイトを利用して貯める。

・マイルを購入する。

ANAマイルを貯める方法の中でも特におすすめの方法は、「マイルの還元率の高いクレジットカードを日々利用すること」と、「ポイントサイトに登録してポイントを貯める方法」でしょう。

この2つの方法を中心にマイルを貯めていくと、半年程度で、日本⇄東南アジアのビジネスクラスの往復特典航空券を交換できるくらいのマイルは絶対に稼ぐことができます。しかも、ほとんとお金をかけずに。

時間的に余裕のある方はぜひチャレンジしてみてください。

マイルに関する知識が全くない方には、当サイトで全8回のANAマイレージ入門講座を開設しているのでまずはマイルの基礎知識を理解するようにしましょう。

 

マイルの還元率が高いカードをお探しなら「ANAアメックスカード」がおすすめ!還元率の良さだけでなく、空港ラウンジが使えたり、海外保険が付いていたりと、海外旅行をする際に強い味方になってくれるカードです。詳しい情報は以下の記事を参考にしてください。

 

ポイントサイトを初めて登録される方は、モッピーが断然おすすめ。以下の記事では、なぜ初心者がモッピーを使うと良いのか詳しく解説しているので参考にしてみてください。

乗り継ぎ便を利用する

地図を眺めている様子

乗り継ぎ便を利用すると、比較的格安でビジネスクラスを予約することができます。

「直行便も出ているのにわざわざ乗り継ぎ便なんて利用したくない!」と思われている方はちょっと待ってください。

確かに、エコノミークラスに搭乗するのであれば、乗り継ぎ時間が勿体無いし、体力的にもシンドイと感じるでしょう。目的地に早く到着すれば、体力も時間も節約することができます。しかし、ビジネスクラスに乗れば、乗り継ぎの時間も、航空会社のラウンジを利用して、上質な時間を過ごすことができますし、ビジネスクラスの機内食を乗り継ぎの回数に応じて食べることもできます。

ビジネスクラスの利用を単なる目的地の移動と捉えるのではなく、旅の大きな楽しみの一つとして捉えることができれば、むしろ乗り継ぎ便を利用した方が、ビジネスクラスのサービスを思う存分堪能することができますよ。

スカイスキャナーでのビジネスクラスの直行便と乗り継ぎ便の価格

例えば、スカイスキャナーで東京⇄シンガポール間のビジネスクラスの最安値の価格を検索してみると、直行便だと、158,908円、乗り継ぎ便だと、99,850円でした。やはり、乗り継ぎ便を利用した方が圧倒的に安いですね。

普段は直行便で海外旅行に行かれる方も、ビジネスクラスに搭乗する際は、乗り継ぎ便を利用してはいかがでしょうか?

 

ビジネスクラスの安い航空会社を知る

飛行機が離陸する様子

基本的なことですが、ビジネスクラスを格安で乗りたいのであれば、格安で乗れる航空会社を知っておきましょう。

皆さんの多くが一度は搭乗したいと思っている、ANAやJAL、シンガポール航空、タイ航空といった大手航空会社のビジネスクラスの航空券は基本的に値段が高いです。

少しでもお得にビジネスクラスに搭乗したいという方は以下の航空会社を利用すると良いでしょう。

ビジネスクラスの安い航空会社

・香港航空

・キャセイパシフィック航空

・大韓航空

・アシアナ航空

・チャイナエアライン

2019年12月現在、香港では大規模なデモ活動が行われており、地下鉄などの交通インフラまで止まってしまい、旅行客が半減しています。この出来事が影響で、香港航空、キャセイパシフィック航空は通常よりも大幅にビジネスクラスの価格が下落しています。

香港に旅行せずとも、先ほどご紹介した乗り継ぎ便の考え方を使えば、日本→香港→東南アジアや欧州や北米などのビジネスクラスの航空券を通常よりもかなり安く予約することができるでしょう。

また、キャセイパシフィック航空専用のラウンジは、世界のエアラインの中でも評価が非常に高いことで有名です。キャセイパシフィック航空の大幅な下落は、滅多に無いことなのでぜひこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。ですが、デモが早く収束化され、安全な状態になったら香港に行きたいものです。

また、韓国の大手航空会社であるアシアナ航空や大韓航空のビジネスクラスも比較的安い部類の航空会社でしょう。基本的に日本から仁川空港まで行き、そこから東南アジアや欧州、北米路線が就航しています。

特に東南アジア路線の価格は安く、バンコクやシンガポールに行く際は、アシアナ航空や大韓航空のビジネスクラスを利用されることをおすすめします。

旅行代理店が行なっているキャンペーンを利用する

HIS初夢フェア

旅行代理店が行なっているキャンペーンを利用すると、航空会社の公式サイトやスカイスキャナー等には出現しないレアな格安のビジネスクラス航空券を予約することができます。

その代表的なキャンペーンといえば、「HIS初夢フェア」でしょう。毎年、11月の後半~1月の下旬ごろまでお年玉価格で、格安のツアーや航空券を販売しています。(2019年は11月27日よりキャンペーンがスタートしています。)

ホテルが1泊2000円という破格の値段で販売されていたり、ビジネスクラスの航空券が正規料金の半額以下で販売されていたりととにかく安いです。

成田⇄ホノルル路線ビジネスクラス初夢フェア価格

例えば、2020年版初夢フェアのビジネスクラスの価格を見てみると、ユナイテッド航空の成田⇄ホノルル間のビジネスクラス往復チケットが169,000円~と出ていました。169,000円になる日付で、スカイスキャナー価格を検索してみると、

スカイスキャナー価格

最安値の価格は、222,700円でした。初夢フェアの方が安いということがわかります。

成田⇄ホーチミンシティビジネスクラス初夢フェア価格

また、ベトナム航空で行く、成田⇄ホーチミンシティのビジネスクラスの航空券価格は、初夢フェアだと、105,000円~となっています。一方で、105,000円になる日付で、スカイスキャナー価格を検索してみると、

スカイスキャナー価格

最低価格が、172,610円と表示されました。やはり、初夢価格の方がかなり安いですね。

ぜひ、ビジネスクラスでラグジュアリーな旅を実現されたい方は「初夢フェア」を積極的に利用してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

憧れのビジネスクラスの航空券を格安で予約しよう。

一人旅をしている男性

今回は、ビジネスクラスに格安で乗る方法を厳選してご紹介してきました。今回ご紹介した内容のどの方法も即実践することができ、格安でビジネスクラスを予約することができます。

その中でも、やはり「マイルを使った特典航空券の発行」は時間はかかりますが、一番お金をかけずに、ビジネスクラスの航空券を予約できる方法なのでおすすめです!当サイトでは、ANAマイルやJALマイルの稼ぎ方について数多くの情報をご紹介しています。

ぜひ様々な情報に触れ、憧れのビジネスクラスの航空券をGETしてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事