【2022年版】リッツカールトン沖縄クラブラウンジ訪問レビュー|極上のお篭りステイを堪能

沖縄でワンランク上のリゾートステイを楽しむなら、クラブラウンジ付きの予約が断然おすすめ!

ラウンジ内で優雅にチェックイン・チェックアウトができるだけでなく、終日を通して、ドリンクや軽食などを楽しめて、まさにこの世の贅沢を味わえます。

今回は沖縄のリゾートホテルの中でも、クラブフロアの満足度・人気度が圧倒的に高い「リッツカールトン沖縄」のクラブラウンジを徹底レビューしていきます!

「クラブラウンジ内の雰囲気は?」「ドリンクや軽食はどのようなものが提供される?」などなど、多くの方が宿泊を検討する前に気になるポイントを詳しくまとめましたので参考にしていただけると幸いです。

クラブラウンジへの入室条件

リッツカールトン沖縄のクラブラウンジへの入室条件は、クラブラウンジアクセス付きの客室を予約した方のみです。

そのため、マリオットボンヴォイのプラチナエリート会員以上の方やスイートルームを予約された方でもラウンジアクセス権がないと利用できません。

また、クラブラウンジの利用は1日15組限定ということもあり、週末や連休などはすぐに予約で埋まる恐れがあるので、利用を検討されている方はなるべく早く予約されることをおすすめします。

クラブラウンジを追加で利用される場合は、追加料金として、1泊につき1人あたり、18,975円必要です。

スポンサーリンク

クラブラウンジの様子


早速、クラブラウンジの中へ入っていきましょう。

クラブラウンジはホテル4階にあります。

クラブラウンジは以前「喜瀬」というホテルバーがあった場所を利用しています。

ラウンジ内は南国感がありつつも、大人の雰囲気を味わえる落ち着いた空間。

ラウンジ内には、個室も2部屋用意されており、プライベートな時間を過ごせます。
個室からは沖縄の青い空とやんばるの自然豊かな景色を楽しめます◎
ただし、個室はかなり人気が高いため、タイミングが良くないと利用できません。

席に着き、シャンパンを飲みながらチェックインを行います。

クラブラウンジ付きのお部屋の方は木製のルームキー。おしゃれ!

チェックインの際に、ミサンガをプレゼントされました。

そして、リッツカールトンのクラブラウンジと言えば、計5回ものフードプレゼンテーションが行われることで有名。

もちろん、リッツカールトン沖縄もあります!!

タイムスケジュールは下記の通りです。

計5回のフードプレゼンテーション
・アフタヌーンティー 14:30~16:30
・カクテルタイム 17:30~19:30
・コーディアルタイム 20:00~22:00
・朝食 07:00~10:00
・お昼の軽食 11:30~13:30

リッツカールトン沖縄のお部屋の様子は下記の記事をチェック!

スポンサーリンク

計5回のフードプレゼンテーション

それではここから、計5回のフードプレゼンテーションとクラブラウンジオープン中に常時提供されていたものをご紹介します。

クラブラウンジオープン中の間、常に提供されていたもの

ドリンクコーナー

最初にラウンジオープン中、終日提供されていたスナック類やドリンク類をご紹介します。

クラブラウンジの席に着くとスタッフの方がすかさずやってきて、ドリンクのオーダーメニューを渡してくれます。
スタッフの方に持ってきていただくこともできますし、自分のタイミングで冷蔵庫へ取りにいくことも可能です。

冷蔵庫の中にはソフトドリンクからビールまで数種類のドリンクが冷やされていました。
オレンジジュース、パイナップルジュース、ジンジャーエール、さんぴん茶、ミネラルウォーター。

反対側の冷蔵庫には終日いただけるカットフルーツも用意されています。
コーラー、オリオンビール、マンゴージュース、沖縄サンゴビア。

オリオンサイダー、微炭酸のミネラルウォーター。

アサヒビール、オリオン75ビール。
スタッフの方に、お願いすれば生ビール(オリオンビール)も用意してもらえます。

ワインは、白・赤・ロゼシャンパン・白シャンパン。

シャンパンの銘柄白・ロゼ共にマム。

赤ワインの銘柄はマンドラロッサ カベルネ ソーヴィニヨン 2020。
1本2,000円前後の赤ワインでした。

リッツカールトンのクラブラウンジであればもう少し上のランクの赤ワインを置いてほしいところ。
お味の方はフルボディのスモーキーな味わいですが、重たすぎない飲みやすい赤ワインです。

またスタッフの方にリクエストすれば、オリジナルカクテルやボクテルなども作ってもらえますよ。

スナックコーナー

スナックコーナーには、沖縄限定の人気のお菓子やおつまみが多数揃えてあります。

ポークジャーキー、ごまふくろう(黒ごま&マカダミアナッツ)。
ポークジャーキーはワインやビールのお供に最適です◎

勝つお豆。
島唐辛子がほんのり効いたピリ辛スナック。
ビールと相性抜群です!

お土産でおなじみのオリオンピーナッツ。

沖縄でロングセラー商品として親しまれている琉球豆菓子のぴりんぱらん。
きなこ風味とにんにく風味があります。

南国らしい黒糖のお菓子。

黄金芋おもろ(お芋の焼き菓子)、童玉(黒糖風味ののど飴)。

アフタヌーンティー

まず、チェックインを済ませて早々、アフタヌーンティータイムの始まりです。

クラブラウンジで提供されるアフタヌーンティーも3段ティースタンドで運ばれてきます。
3段式のティースタンドで提供されるとテンション上がりますよね!

ほとんどのスイーツがロビーラウンジで提供されているスイーツやセイボリーを使用しているため、かなり本格的。

ティースタンドの取っ手の部分は、リッツカールトンのトレードマークでもあるライオン!

1段目はプレーンと黒糖のスコーン。
お好みっでクロテッドクリームや紫いものジャムをつけていただきます!

黒糖スコーンはかなり絶品。
今まで食べてきたスコーンの中でもTOP3に入るおいしさ!
中にパイナップル果実が入っていて、良いアクセントになります。

中段は、バナナマカロン、マンゴータルト、沖縄の美ら海をモチーフに作ったライチとグレープフルーツのゼリー。

どれも、ハズレがなくおいしい!

バナナマカロンは、中に沖縄県産の島こしょうが使われていて、甘じょっぱい味がやみつきに!

マンゴータルトはマンゴーが甘くて期待を裏切らないクオリティ。

ライチとグレープフルーツのゼリーは食べるのがもったいなと思えるほどのビジュアル。

下段はセイボリー。

サーモンのサンドウィッチ、シュー、桜えび×カリフラワームース。

とくにサーモンのサンドウィッチが絶品でした!

カクテルタイム

さて続いては、一番楽しみにしていたカクテルタイム。
私が宿泊したときはビュッフェ形式で軽食が提供されました。

ネギトロ巻き、ちくわと明太子の揚げ物。

ローストビーフ。
2分の1の確率で筋の入ったお肉に当たってしまい、何回噛んでもなかなか飲みこませんでした(笑)

トリュフ塩のかかったたまごサンド。
たまごサンドのアクセントにトリュフ塩は最高です!

えびのワカモレサラダ。

えびのテリーヌ。

生ハムとフルーツ。
生ハムは塩気が程よく、ワインと相性抜群!

クラッカー、チーズ、ドライフルーツ、ピクルス、オリーブ。
とくに玉ねぎのピクルスが絶品でした!!
ぜひ食べてみてください!

パン。
そのまま食べても良し、オリーブオイルや冷蔵庫にあるバターと一緒にいただいても良し。

色々ピックアップしてみました。
カクテルタイムにごはんものがあるかないかで満足度は大きく変わりますね。
お酒をよく飲む方であれば、十分夕食代わりになるラインナップかと思います。

また小さいお子さんでも楽しめるよう、子供専用のメニューも用意されています。
フライドポテトやおにぎり、うどんなど、子供が大好きなメニューが揃っているため、子連れの方も安心ですね◎

コーディアルタイム

コーディアルタイムになると、カクテルタイムで提供されていたフードは下げられて、スイーツやお菓子が並びます。
カクテルタイム同様にビュッフェ形式で提供されいます。

チョコレート系。
ビター系や中にお酒の入った大人のチョコレートなどが入っていました。

パンナコッタ。

リッツカールトンケーキ(チョコレートケーキ)
ミルクチョコレートとビターチョコレートが絶妙にマッチングしていて、かなり美味しい。

赤ワインとよく合います。

コーディアルタイム限定のちょっとしたお菓子も用意。
宮古島の雪塩を使った「さんど」というお菓子が、かなりおいしかった!

朝食

朝食はロビー階にあるレストラン「グスク」でのビュッフェ形式の朝食または、クラブラウンジ内での和朝食またはアメリカンブレックファーストのセットメニュー形式の朝食から選べます。

ちなみに、提供された料理のほとんどはグスク内でもいただけます。
そのためか、クラブラウンジ内で朝食をいただいている方はほとんどいませんでした。

なので、ゆっくり落ち着いた空間で朝食をいただきたい方はクラブラウンジ、色々な料理を楽しみたいという方はグスクでの朝食ビュッフェといったように使い分けすることをおすすめします!

和食

和食は数種類の小鉢と焼き魚料理が中心のメニュー。
小鉢は小松菜のおひたしやほうれん草の胡麻和えなど健康的なものばかり。

フルーツの盛り合わせもあり豪華!
とくに飲んだ翌日にいただく味噌汁は格別に美味しかったです◎

メインの焼き魚はサワラの西京焼き。
身がふっくら柔らかくとってもおいしい!

フルーツはオレンジ、グレープフルーツ、パイン、ぶどう。

どれも糖度が高くおいしかったです◎

和食メニューはどれも丁寧に作られていて満足度がかなり高かったです!
ただ、沖縄料理やもう少しワンランク上の食材を使ったお料理があっても良かったかなぁと思いました。

洋食

洋食メニューはこちら。
メインのオムレツを中心に、ソーセージやベーコン、ハムにフルーツやヨーグルトなど、王道のアメリカンブレックファーストのメニューが並びます。

オムレツの中はプレーン。
卵料理の内容は選べなくても、オムレツの具材は選びたい。

洋食メニューはどこのホテルでも提供されるようなラインナップだったので、もっと沖縄らしさ、リッツカールトンらしさが欲しいところ。

パンはデニッシュ系のパン多め。
クロワッサン、あんこギュッフェリ、ソーセージパン、レーズンパン。

お好みでバターや紅芋を使ったジャムなどをつけていただきます。
パンはどれもクオリティが高くおいしかったです!!

グスクでの朝食ビュッフェレビューはこちら

軽食(ランチ)

最後に軽食メニュー(ランチ)をご紹介します。

軽食メニューもカクテルタイム同様ビュッフェ形式でした。

サラダコーナー。

えびの天ぷらとカレー風味のチキンライス。

冷やしうどん。
暑い季節にぴったりの一品。

チキン系の料理。

カレー風味のボイル野菜。

ホタテの磯辺揚げ。
来る時間が少し遅かったからか、しんなりとしていました。
できれば揚げたてを食べたかった(泣)

アグー豚を使ったローストハムとサラダ。

さつまいもとグリュエールチーズ。

沖縄近海の海でとれた魚を使ったミニちらし寿司。

また、ビュッフェ台で提供されているメニューとは別に石窯で焼いたピザも注文できます!
出来立てのピザはチーズがトロトロしていて本当においしい!
生地もふんわりとしていてピザ生地の耳まで美味しく食べられます。

石窯はラウンジ内のベランダに用意されており、こちらでスタッフの方がピザを焼いていました。

また翌日、クラブラウンジを再訪すると、ピザではなく、バーベキュースタイルの串焼きがオーダー形式で用意されていました。

お肉が柔らかく、これもおいしかったです!
追加でお代わりしてしまいました(笑)

軽食タイムは出来立てのピザやBBQスタイルの串焼きがいただけたり、ちらし寿司やローストポークをいただけたりと、どれも満足度の高い料理ばかりで大満足でした!

リッツカールトン沖縄のクラブラウンジの総評

良かったところ

・ビュッフェ形式で軽食を楽しめる
・テンションの上がる三段式のアフタヌーンティーを楽しめる
・朝から晩までお酒がフリーフロー
・スタッフの方の気配りが素晴らしい
・子供同伴OKなので、子連れの方も楽しめる
・子供専用のメニューがある
リッツカールトン沖縄のクラブラウンジは、子供同伴利用がOKのため、小さいお子さんを連れた家族連れの方が多かったです。
子供専用の別メニューも用意されているところはポイントが高いですね◎
また、カクテルタイムや軽食タイムで提供されるフードがビュッフェ形式な点も良いところ!
好きな料理を好きなだけいただけるのは嬉しいです!

改善した方が良いと思ったところ

・子連れの方が多いとゆっくり過ごせない
・お酒のクオリティがやや低い

一方で、カップルや夫婦水いらずでクラブラウンジを利用される方にとっては、小さいお子さん連れの利用が多い分、ストレスを感じる場面があるかもしれません。

家族連れNGまでとは言いませんが、せめてコーディアルタイム以降の利用は12歳未満のお子さんは入室NGといったようなルールにしても良いと思いました。

もし、子連れの方と絶対に被りたくない!という方は、リッツカールトン沖縄のすぐ下にある「ザ・テラスクラブ アットブセナ」など小さいお子さんの宿泊NGのようなホテルに宿泊されると良いですよ。

リッツカールトン沖縄のクラブラウンジで最上級のお篭りステイを楽しんで!

計5回のフードプレゼンテーションを楽しめるリッツカールトン沖縄のクラブラウンジ。

3日間を通して、究極のラグジュアリーステイを体験しました。
沖縄での過ごし方は様々あると思いますが、余裕のある方はぜひリッツカールトン沖縄でクラブステイを楽しんでみてください。

きっと今までのホテルの価値観が大きく変わると思いますよ。

あわせて読みたい記事はこちら

【期間限定】入会しないと大損!マリオットボンヴォイアメックスカード入会キャンペーン!

2022年8月現在、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの入会キャンペーンを実施中です!

期間中の決済額に応じて、最大39,000ポイント獲得可能の激アツキャンペーンです!

獲得できるポイント数は下記の通り。

キャンペーンで獲得できるポイント数
・3ヶ月以内に30万円利用で30,000P
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000P

また、紹介制度を活用してお申込みいただくと最大45,000ポイント獲得可能です。
内訳は下記の通りです。

当サイトよりお申し込みいただいた場合
・3ヶ月以内に30万円利用で36,000P
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000P

アメックスの公式サイトで申し込んだ場合と比較して、6,000ポイントも多くポイントを獲得できます!

45,000ポイントを獲得できれば、「リッツカールトン」や「Wホテル」といったマリオットボンヴォイに加盟している最高級ホテルの無料宿泊が可能に。

これまでにマリオットポイントを使って下記のようなラグジュアリーホテルに無料宿泊しました。

ザプリンスギャラリー東京紀尾井町の客室ザプリンスギャラリー東京紀尾井町

ザリッツカールトン東京の客室ザリッツカールトン東京

ザリッツカールトン大阪の客室ザリッツカールトン大阪

また、ポイントを18万ポイント交換することでANAマイルを75,000マイル獲得し、東京⇄ニューヨーク間、東京⇄ロンドン間の往復ビジネスクラス特典航空券を発券可能なマイル数も獲得できます。

ANAビジネスクラスシート東京ーロンドン線のANAビジネスクラス「THE Room」

羽田ーロンドン線で提供された機内食東京ーロンドン線のビジネスクラスで提供される機内食

2020年の2月にマリオットポイントをANAマイルに移行し、東京ーロンドン線の往復特典航空券を発券し、空港手数料の50,000円のみでビジネスクラスに搭乗しました。

シンガポール航空A330のビジネスクラスシートマイルでほぼタダで搭乗したシンガポール航空ビジネスクラス

タイ航空ビジネスクラスで提供されたシャンパンタイ航空のビジネスクラスでいただいたヴーヴ・クリコのシャンパン

さらにポイントだけでなく、マリオットボンヴォイアメックスカードを発行すると、ザッと下記のような特典を受け取れます。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの特典
・マリオットボンヴォイゴールドエリート会員付帯。
・毎年カード更新のタイミングでマリオットポイント最大65,000ポイント以下のホテルに無料宿泊。
・日々のお買い物100円の決済ごとに3ポイント付与。
・マリオット系列のホテルに宿泊する際は100円につき6ポイント付与。
・「リッツカールトン」や「セントレジス」ホテルに2泊以上すると、100ドルのホテルクレジットをプレゼント。
・国内外29の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能。
・最高1億円の国内外旅行保険。

年会費が49,500円(税込)と一般的なクレジットカードと比較するとやや高額ですが、上記の特典をフル活用すれば、年会費の元は十分取れると断言できます。

今回の新規入会キャンペーンを上手く活用して、2022年はワンランク上の国内旅行・海外旅行を楽しむためにマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードをぜひ発行してください!!

スポンサーリンク
コメントを残す

スポンサーリンク