アジアNo.1ラウンジとの呼び声が高い、シンガポール航空が運営している「シルバークリスラウンジ」

トランジットでチャンギ国際空港を訪れた際にシルバークリスラウンジを訪問してきました。4時間ほどラウンジに滞在でしたが、非常に有意義な時間を過ごすことができ、また再訪したいラウンジの一つとなりました。

そこで今回はチャンギ国際空港のシルバークリスラウンジの利用条件やラウンジ内の全貌について詳しくご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

シンガポール航空のラウンジの利用条件

 

シンガポール航空のラウンジは2種類存在し、それぞれのラウンジによって利用対象者が異なるので確認しておきましょう。

シルバークリスラウンジ→スターアライアンスメンバーに加盟している航空会社のビジネスクラス以上の方が利用できるラウンジ

ANA便やタイ航空などのビジネスクラス以上に搭乗される方が利用できるラウンジとなっています。

クリスフライヤーゴールドラウンジ→スターアライアンス便に搭乗するスターアライアンスゴールドメンバーの方が利用できるラウンジ

こちらのラウンジはスターアライアンスゴールドメンバーの方専用のラウンジとなっています。トランジットでチャンギ国際空港を訪問した際に入室を試みたのですが、ビジネスクラス搭乗者の方はシルバークリスラウンジに行ってください。と言われラウンジをはしごすることができなかったのはちょっと残念です。

 

スポンサーリンク

シンガポール航空シルバークリスラウンジの場所と営業時間

 

シンガポール航空のシルバークリスラウンジは第二,第三ターミナルに設置されており、ANA便を利用される方は基本的に第二ターミナル,シンガポール航空の場合は第二,第三ターミナルを利用します。

第二ターミナルのシルバークリスラウンジは3階にあり、出発ゲートが2階にあることからエスカレーターまたは、エレベーターにて3階に行く必要があります。

チャンギ国際空港第二ターミナルマップ

第二ターミナルのシルバークリスラウンジに行くためには、第二ターミナルにある「Wines&Spirits by DFS」といったショップを目指しましょう。

ラウンジの案内板

こちらのショップ付近に到着すると、このような看板が見えてくるのでそのままエスカレーターを昇るとラウンジが見えてきます。エレベーターを昇ると、最初にクリスフライヤーゴールドラウンジが見え、その奥にシルバークリスラウンジがあります。

ターミナル3も同様に2階の出国ゲートを超え、3階に続きエスカレーターもしくはエレベーターに昇ることで、クリスフライヤーゴールドラウンジ、シルバークリスラウンジが見えてきます。

シルバークリスラウンジは第二、第三ターミナル共に24時間営業となっています。たとえ深夜便出発であってもラウンジ内でゆっくりと時間を過ごせるのはいいですね!

チャンギ国際空港第二ターミナルのシルバークリスラウンジを大公開

シルバークリスラウンジ入り口

今回は、チャンギ国際空港第二ターミナルのシルバークリスラウンジを紹介していきます。以前、香港国際空港にあるシルバークリスラウンジを利用したことがあるのですが、クオリティが高く大満足だったので今回も期待大です!

ダークトンを基調とした豪華なラウンジ

ラウンジ内はダークトーンを基調にまとめられており、入った瞬間から非日常の空間を味わうことができます。ソファもゆったりとした作りになっており仮眠を取られている方もいらっしゃいましたよ。

LG製のスチームクローゼット

LG製のスチームクローゼット(クリーニング機)の用意もあります。ビジネスマンの方には重宝しそうなマシーンですね。

ビジネスマンに重宝するワーキングデスク

ラウンジ内にはビジネスデスクも用意があり、多くのビジネスマンの方がお仕事をされていました。私も次のフライトまで4時間ほど時間があったためこちらのデスクで仕事をしました。非常に快適です。

清潔感のあるシャワールーム

シルバークリスラウンジにはシャワールームもあります。シャワールーム内は清潔感があり、快適に利用することができます。シンガポールは年中暑いのでシャワーで体をさっぱりさせてから飛行機に搭乗するといった贅沢もできます!

シャワールームのアメニティ

シャワールームには、歯ブラシ、コーム、髭剃り、化粧水といった基礎的なアメニティが揃っていました。ラウンジによってはアメニティを全く置いていない所もあるので、このような細かい部分まで妥協しない点はさすがシンガポール航空です。

様々な種類のドリンク

こここからは、軽食やドリンクコーナーを簡単にご紹介していきます。ソフトドリンクの種類も豊富です。

TWGのティー

シルバークリスラウンジの名物といえば、シンガポールの高級ティーブランド「TWG」の様々な種類のティーを楽しめることです!

ブラックティーやイングリッシュブレックファーストなど様々なフレーバーを心が満たされるまで堪能することができます。このような高級ティーバッグをラウンジに置いてなんて太っ腹ですね。

ワインやウォッカ類

ワインやウォッカなどのアルコール類の種類の豊富です。

フレッシュなフルーツから食べごたえのあるサンドイッチ

フレッシュなフルーツから様々な種類のサンドイッチも置いてあります。サンドイッチはなかなか大きく食べごたえがありました。

新鮮なサラダ

新鮮なサラダ類

絶品のハニーレモンチキン

今回のラウンジ訪問で一番どハマりした料理がハニーレモンチキンでした。ほんのり甘辛いソースで煮たチキンは柔らかく、日本人好みの味で、何個も食べましたよ。個人的にはラクサよりもこちらのチキンの方がクオリティ高めだと思います!

ラクサ

シンガポールラクサは私がラウンジを訪問した時間帯はピークの時間帯を過ぎていたので、ビュッフェの台に置かれていました。時間帯によってはスタッフの方が目の前で調理したラクサを提供してくれるそうですよ。

エビワンタンの入ったヌードル

時間帯によってはエビのワンタンが入ったあっさりダシのヌードルも提供されています。

海鮮焼きそば

海鮮焼きそばなど

本格的な中華料理

名前は忘れてしまいましたが、本格的な中華料理

ミートパスタ

パスタなんかもあります。

シルバークリスラウンジを訪問して思ったことは、思った以上にホットミールの種類が多いということです。

たとえ航空会社のラウンジであっても経費を削減するために炭水化物類やコールドミール中心としたメニューを提供しているラウンジも多い中、シンガポール航空のラウンジはホットミールの種類が豊富で、ランチやディナーの代わりとして十分活用できると思いました。

また、種類の豊富さだけでなく、一つ一つのお料理のクオリティも高いことから、さすがアジアNo.1の呼び声の高いシンガポール航空のラウンジだなと思いました。クオリティの高さに脱帽です。

また、第二ターミナルはシンガポール航空のサブ的なターミナルとなっているので、シンガポール航空がメインで利用している第三ラウンジに比べるとこじんまりとしたラウンジですが、こじんまりとしているからこそ人の出入りも激しくなく、上質な時間を過ごすことができました。

次回もシンガポールを訪れる際は、ANAかシンガポール航空のビジネスクラスに搭乗して再訪したいですね。

シンガポール航空のラウンジはアジアNo1です!

シルバークリスビジネスクラスラウンジ

今回はチャンギ国際空港にあるシルバークリスラウンジの利用条件やラウンジの内容について詳しくご紹介してきました。

私自身、アジアを中心にプライオリティパスで利用できるラウンジから航空会社のラウンジまで様々なラウンジを利用しますが、シンガポール航空のシルバークリスラウンジはアジアNo1といっても過言ではないです。

非日常を味わえる豪華絢爛なラウンジの空間に、心踊る料理にお酒など、シルバークリスラウンジはハード面、ソフト面においても完璧ラウンジといえるでしょう。

ぜひ、チャンギ国際空港を利用される方は訪問されてみてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事