旅行や出張の計画を立てる際に、ホテル選びと同じくらい重要になる航空会社選び。

そんな中、タイの各都市や東南アジア路線が豊富で、日系の航空会社に比べ安い価格で航空券を予約することのできる「タイ航空」タイ航空は世界のエアラインの中でも機内食のクオリティに定評があり、人気の高いの航空会社です。

そこで今回はタイ航空の機内食について徹底調査していきます。エコノミークラスやビジネスクラスの機内食から特別食、子供用の食事まで幅広くご紹介していきますよ!

スポンサードリンク

エコノミークラスの機内食

 

【昼間便】日本→タイ路線の場合

この投稿をInstagramで見る

Nok(@nok752)がシェアした投稿 -

タイ航空の昼間便を利用すると、タイ料理(タイカレーなど)もしくは丼もの系の料理どちらかを選択できるのが主流です。

やはり、昼間便でしか味わうことのできない本場のタイ料理を注文することが断然おすすめ!

さらに、タイ航空の場合、エコノミークラスに搭乗してもお酒を注文することができます。タイの代表的なビールである「シンハービール」からワイン類まで幅広いお酒を空の上で楽しめます。

昼間から本格的なタイ料理とシンハービールを楽しめば飛行機の中でタイに滞在している気分を味わうことができますよ!

 

【深夜便】日本→タイ路線の場合

この投稿をInstagramで見る

@knmtuneがシェアした投稿 -

深夜便は時間が限られている方にとって、時間を有効に活用できるので人気ですよね。深夜便の場合だと、目的地到着時刻のおよそ1時間半前~2時間前に機内食が配られます。

なので機内食はモーニングメニューとなります。クロワッサンにふわふわのオムレツとソーセージ中心のメニューです。

深夜便の場合、機内食の種類にタイ料理がないので、本格的なタイ料理を機内で楽しみたいという方は昼間の便を利用されることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

ビジネスクラスの機内食

 

【深夜便】バンコク→日本路線の場合

 

ビジネスクラス深夜便機内食

先ほどもご紹介したように、深夜便を利用する場合、到着時刻の2時間前~1時間半前に機内食が提供されます。ですが、希望であれば離陸後に軽い軽食やアルコール類を注文することも可能です。

機内食は、和食、タイ料理、洋食の3種類の中から選択することができます。

私はバンコク→名古屋路線の深夜便を利用した際に、洋食を選択しました。メインディッシュのオムレツとバターで炒めたアスパラガスを中心に温めれたパン、フレッシュなフルーツ、デザートが並べれています。

どのお料理も日本人の口に合うお味でおいしかったです。パンやフルーツが食べやすいサイズになっていたのも嬉しかったですよ。

東南アジア→東南アジア路線の場合

ビジネスクラス昼間便の機内食

バリ島からバンコクに移動する際に提供された機内食です。魚か肉どちらかの選択だったので肉を選択しました。ステーキのような肉のかたまりを想像していたのですが、チャーシューのような薄い肉が提供され、ちょっとがっかり。

お味の方は、独特なスパイスが入った本格的な中華料理といった感じで、私には苦手な味でした。

 

シャンパンとナッツ

ですが、タイ航空のビジネスクラスの一番良い点は、シャンパンをフルートグラスに注いでくれることですね。これだけで優越感に浸ることができます。シャンパンの銘柄は「ヴーヴ・クリコ」でした。機内食を提供する前にドライフルーツとナッツの盛り合わせを配っていただける点もうれしいところ。

 

チーズプレート

また、機内食を食べ終わった後でも、CAの方にお願いをすれば、お酒のおつまみにチーズプレートなどを提供していただけます。

 

特別機内食は注文できる?

この投稿をInstagramで見る

358mm(@358mm)がシェアした投稿 -

タイ航空では、宗教上や健康上の理由で特別な食事を希望される方は、出発の48時間前に申し込みをした旅行会社、タイ航空日本地区のコールセンターに連絡することによって通常の機内食を特別機内食へ変更することが可能です。

また、タイ航空公式サイトの予約内容確認から事前リクエストすることも可能となっています。

特別機内食のメニューはフルーツプレートやベジタリアンミール、2歳~12歳までのお子様向けのチャイルドミールまで幅広く提供していきます。

特別機内食の詳しい情報はタイ航空の公式サイトをご確認ください。

タイ航空の機内食は本場のタイ料理からレストラン級の洋食まで楽しめる!

今回はタイ航空の機内食をご紹介していきました。エコノミークラスもビジネスクラスもクオリティの高い機内食が多く、
タイや東南アジアを訪れるのであればタイ航空を利用されることをおすすめします!

また、昼間便の方が本格的なタイ料理やお酒を堪能することができるのでおすすめですよ!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事