今回はタイ航空の受託手荷物と機内持ち込みのルールについてご紹介します。

この記事を読むことで、搭乗日にチェックインカウンターで手荷物に関するトラブルを防いだり、手荷物の超過料金を支払わずにスムーズにチェックインをすることができます。

タイ航空を利用される方は荷物をパッキングする前にぜひこの記事を読み進めてくださいね!

スポンサードリンク

タイ航空の預け手荷物ルール

複数のキャリーケース

まずはタイ航空の預け手荷物(チェックインの際に預ける手荷物)のルールを確認していきましょう。

タイ航空の手荷物1個あたりの許容重量は搭乗するクラス、ROP(ロイヤル・オーキッド・プラス)会員によって異なります。

以下の表はタイ・東南アジア・オセアニア・ヨーロッパ路線を利用する場合の無料受託手荷物の許容量です。

利用クラス通常の許容量ROPシルバーROPゴールドROPプラチナ
ファースト50kg+10kg+20kg+30kg
ビジネス40kg+10kg+20kg+30kg
プレミアムエコノミー40kg
(国内線30kg)
+10kg+20kg+30kg
エコノミーK/T/Q/H/M/B/Yクラス: 30KG*

L/W/Vクラス:20kg

+10kg+20kg+30kg
席を確保していない2歳未満の子供10kg

また、欧米・カナダ路線は以下のようになっています。

利用クラス最大個数(ROP)3辺の合計最大重量
ファーストクラス2個(3個)158cm以内32kg
ビジネスクラス2個(3個)158cm以内32kg
エコノミークラス2個(3個)158cm以内23kg
席を確保していない2才未満の子供1個115cm以内23kg


*最大個数の( )の部分はROPプラチナ、ゴールドメンバーの方の最大個数となっています。

欧米・カナダ路線以外は受託手荷物の個数に制限はなく、受託手荷物の合計重量がクラス毎の許容重量内であれば無料です!何個でもチェックインカウンターで預けることができます。

つまり、以下のような組み合わせも可能ということです。

 

重量制の受託手荷物組み合わせ

ただし、1個当たりの最大重量は32kgまでです。32kgを超えてしまうと許容重量内に重さが収まっていたとしても追加料金を支払う必要があります。

そしてエコノミークラスの場合、予約クラスに応じ、無料の受託手荷物の許容量が異なるので荷物をパッキングする前に確認することをおすすめします。

また、手荷物をチェックインカウンターに預ける際、以下に該当する方は飛行機搭乗前に事前に申請する必要があります。

事前申請が必要な手荷物

受託手荷物の縦横高さ3辺の合計が158㎝以上

受託手荷物の1辺が1m以上

受託手荷物の総重量が100kg以上

受託手荷物の個数が5個以上

受託手荷物1個あたりの重量が32kg以上

事前申請はこちらのページより行うことが可能です。

補足として、赤ちゃんが利用する折りたたみ式ベビーカーは許容量に関係なく、赤ちゃん1人につき1台無料で預けることが可能です。

超過料金について

タイ航空の場合、無料の受託手荷物の許容量を超過した場合、1kgごとに超過料金が発生します。例えば、日本⇄タイ路線の場合だと、1kgごとに40USD発生するので注意しましょう。

スポンサーリンク

受託手荷物と機内持ち込みで預けることができない手荷物

航空法やタイ航空の手荷物規定により、受託手荷物と機内持ち込みで預けることができない品目が存在します。

爆発物(花火・クラッカー・不発弾など)

発火性・引火性物質(多量のマッチ、ライター燃料、キャンプ用ならびに家庭用ストーブ、70度を超えるアルコール飲料を含む)

高圧ガス(コンロ用カセットボンベ、スポーツ用酸素スプレー、徐塵スプレーを含む)

有毒物質(殺虫剤を含む)、腐食性物質、放射性物質、強磁気性物質、酸化性物質、有害・刺激的なもの

その他航空機や人員または搭載物など周囲に危険または迷惑を及ぼす恐れのあるもの

出典:タイ航空公式サイト

タイ航空の機内持ち込みルール

機内の様子

次に機内持ち込みのルールについて確認していきます。

機内に持ち込むことができる手荷物は、少し大きめの手荷物1個と身の回りの必需品等とされています。

少しおおきめ手荷物は3辺の合計が115cm以内で合計重量が7kgまでです。115cm以内のイメージとしては、Sサイズの小さなキャリーケースぐらいの大きさですよ。身の回りの必需品等を入れるものの規定は、3辺の合計が75cm、合計重量が1.5kgです。身の回りの品とは、ハンドバッグやノートPC等のことを指します。

また、補足として杖や補助具等は機内に無料で持ち込むことができます。

液体を持ち込む場合

国際線を利用する場合、液体類の持ち込みについては厳しくルールが決められているのでしっかり守るようにしましょう。

液体類の持ち込み制限は以下の通りです。

・容器1つにつき100ml以下で容器は1ℓ以下の透明なジッパーバッグに入れること

・1ℓ以下の透明なジッパーバッグの機内持ち込みは1個まで

・ベビーフードや常用の薬は機内で服用される量のみ持ち込み可能

・空港免税店で購入した液体類(お酒・香水)に関しては、「Security Tamper-Evident Bag」に入った商品のみ機内に持ち込み可能

ジッパーの付いた透明な袋に容器を入れないと、手荷物検査の際に廃棄される恐れがあるので注意してくださいね!

粉末状のものを持ち込む場合

機内で必要な医薬品・ベビーミルク、ベビーフードは透明な袋に入れなくても持ち込みが可能です。

ただし、医薬品などの場合、手荷物検査で薬の内容を確認される場合があるので、事前に薬の処方箋のコピー等を持っていると良いと思います。

楽器を機内に持ち込む場合

楽器を機内に持ち込みたい場合は、3辺の合計が115cm(縦:56cm,横45cm,奥行:25cm)最大重量7kgまでとされています。

このサイズ規定だと、バイオリンやギター等であれば機内に持ち込むことは可能だと思います。

もし、「楽器を機内に持ち込みたいけどサイズオーバーしていないか不安...」という方は事前にタイ航空のコールセンターに電話することをおすすめします。

タイ航空コールセンター→03-3503-3311

機内に持ち込むことができないもの

機内に持ち込むことができない主な手荷物は以下の通りです。以下の手荷物は受託手荷物として預けることは可能です。

ハサミ・工具・アイススケート靴・バット・ゴルフクラブ(ウッド・アイアン・パター全て1本から)など凶器に成り得ると判断されるもの

スキーワックス・スプレー、ナイフ類

*刃物などの機内への持ち込みは、法律違反であり50万円以下の罰金の対象となります。

出典:タイ航空公式サイト

タイで通信無制限のインターネットを楽しみたいなら「タイデータ」が断然おすすめ

タイに行けば、おいしいグルメを探したり、グーグルマップやGrab等を利用して効率的に移動するなど、普段以上にネットを利用する機会は増えるかと思います。ですが、レンタルWiFiはどれも通信制限があるものばかりで通信制限を超えてしまわないかヒヤヒヤしてしまうという経験をしてしまった方も少なくなはずです。

そんな時におすすめの海外レンタルWiFiが「タイデータ無制限

なんとこちらのWiFi1日たった590円で4G/LTEのWiFi無制限で利用することができるんです!業界大手の通信会社でも真似することができない価格設定となっています。

また、同時に5台まで接続可能なので、ご家族、ご友人などのスマホとまとめて接続をすれば一人一台WiFiをレンタルするよりも断然お得!2人で利用すれば1日たったの280円でWiFiを無制限で利用できるなんて衝撃的な価格ですよ!

wifiの受け取り方法は、渡航前日までに送料無料で自宅までお届けor空港で直接受け取りかのどちらかを選択することができます。渡航前日までに自宅に届けてもらえば、空港でWiFiの受け取りのための長蛇の列に並ぶ必要も無く、スムーズに飛行機に搭乗することができる点も嬉しいポイント!

レンタルWiFiをどこで予約するか検討中の方は4G LTE対応【タイデータ無制限】タイデータ無制限のバナーも一つ候補として検討されてみてはいかがでしょうか?

「タイデータ無制限」の詳しい情報はこちらから

タイ航空を利用して素敵な空の旅を楽しんでください!

タイ航空の飛行機

今回はタイ航空の受託手荷物と機内持ち込み手荷物のルールについてご紹介してきました。

タイ航空は欧米・カナダ路線以外は、受託手荷物の個数に制限なく、上限の重さまでであれば何個でも預けることが可能です。(ただし、5つ以上預ける場合は搭乗前に事前に手続きを行う必要があります。)

機内に持ち込む手荷物を減らすことができれば、搭乗手続きを済ませたあと免税店などでショッピングを楽しむ余裕も生まれますよね!

タイ航空を利用される方はぜひ参考にしてみてくださいね!

*受託手荷物、機内持ち込みの手荷物について今回紹介した品目以外にも手荷物として禁止されているものが存在します。もし預けられるかどうか不安な方は事前にタイ航空のカスタマーサポートもしくは搭乗日に空港チェックインカウンターで必ず問い合わせるようにしていただけるようお願い致します。

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事