【宿泊記】リッツカールトン京都|プラチナ特典やお部屋をブログレビュー!

京都を代表するラグジュアリーホテル、リッツカールトン京都。

リッツカールトンといえば、クラシカルで重厚感のあるラグジュアリーホテルと連想されやすいですが、リッツカールトン京都はまさに日本の伝統美を感じられる和モダンなホテルです。

今回はそんなリッツカールトン京都に実際に宿泊してきたので、そのときの様子をブログレビューしていきます!

「お部屋の雰囲気は?」「プラチナエリート会員の特典は?」「クラブラウンジはあるの?」など、ホテル選びをする際に気になるポイントを解説してくのでぜひ参考にしてみてください!

この記事を書いた人

Yusuke

  • ブログ歴4年
  • 年間10回以上、マイルやポイントだけでラグジュアリーな旅を楽しむ
  • 国内シェアNo1のレンタルサーバー会社「Xserver社」より当ブログご紹介
  • Twitterでホテルや旅のお得情報を日々発信中!ぜひフォローお願いします!
  • プロフィールの詳細はこちら

リッツカールトン京都の宿泊レビューはYouTubeで公開中!

リッツカールトン京都の様子はYouTube内で動画でも公開中!
ホテルの様子を動画でより詳しく楽しめる内容となっていますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

リッツカールトン京都のロビー&レセプション

リッツカールトン京都の入り口

今回は京都駅からタクシーでホテルへ向かいました。
15分程度でホテルへ到着。

到着すると、スタッフの方がすかさずやってきて、ホテル館内までアテンドしていただきます。

ホテル入り口から館内に続く道には鴨川の水の流れを思わせる人口の清流があります。

水の流れる心地良い音を楽しみながら、館内へと進んでいきます。

ロゴが入ったおしゃれな自転車

リッツカールトン京都のロゴが入ったおしゃれな自転車。

人工の清流

また、清流の先には人工の滝もあり、所々に日本を感じられるポイントがちりばめられています。
滝は地下まで繋がっていて、日本料理レストラン水暉(みずき)やリッツカートンスパのプールエリアからも眺められます。

エントランス

それでは、館内に入りましょう。

重厚感のあるエントランス全体の様子

館内に入ると、リッツカールトンらしく、ラグジュアリーホテルにふさわしい重厚感あふれる空間が広がります。

ロビーに飾られている巨大松

ロビーには、立派な巨大松。

ロビーのソファ

ロビーのスタッフの方に案内していただき、そのままチェックインすることに。

チェックインはソファに座ってリラックスした状態で行います。

おしぼり、ほうじ茶、茶菓子

必要事項を記入していると、おしぼり、ほうじ茶、茶菓子を用意していただきました。
温かいお茶を飲むと、ホテルまでの旅路の疲れも癒せますよ。

今回は一番カテゴリーの低い、デラックスルームを予約していたところ、グランドデラックス鴨川ビュールームという鴨川の景色を楽しめるお部屋へアップグレードしていただきました。

リッツカールトン京都のお部屋のカテゴリー
・デラックスルーム(50m2)←予約したお部屋
・デラックスルームKYOTO(50m2)
・デラックスルームガーデン(50m2)
・グランドデラックスカモガワリバービュー(55m2)←実際にアサインしていただいたお部屋
・コーナースイート KITA(100m2)
・コーナースイート TATAMI(100m2)
・コーナースイート MINAMI(115m2)
・スイート KAMOGAWA(126m2)
・スイートTSUKIMI(140m2)
・ザリッツカールトン スイート(212m2)

3段階のアップグレードしていただいたことになります!

お部屋から鴨川の景色を楽しみたい!と思っていたので嬉しいアップグレードでした。

チェックインを済ませて、お部屋へと向かいましょう。
お部屋まではスタッフの方にアテンドしていただきます。

スポンサーリンク

リッツカールトン京都のマリオットエリート会員特典

リッツカールトン京都ではマリオットボンヴォイエリート会員向けに豊富な特典を用意しています。
プラチナエリート会員とゴールドエリート会員の特典はそれぞれ下記の通りです。

ゴールドエリート会員

ゴールドエリート会員
・客室の無料アップグレード(お部屋の空き状況による)
・レイトチェックアウト14時まで(お部屋の空き状況による)
・ウェルカムギフト500P
・滞在ごとに25%のボーナスポイントを獲得

プラチナエリート会員

プラチナエリート会員特典
・客室の無料アップグレード(お部屋の空き状況による)
・レイトチェックアウト16時まで(お部屋の空き状況による)
・ウェルカムギフト(マリオットボンヴォイポイント1000P)
・2名までの朝食が無料

リッツカールトンブランドの場合、マリオットボンヴォイプラチナエリート会員以上の特典である朝食は有料。

ですが、リッツカールトン京都の場合、プラチナエリート以上の会員の方は2名まで無料。
税・サ込みで1人あたり約7,000円もする高級な朝食のため、2名様まで無料になる特典はかなり嬉しい特典です。

それでは、お部屋へと向かいましょう。

今回アサインしていただくお部屋は3階にあるお部屋。

エレベーターの中の様子

エレベーターの中も和モダンで重厚感があります。

エレベーター天井の堀細工

エレベーターの天井も彫り細工がされていて、細部まで日本の伝統美を感じられます。

ホテル3階のエレベーターホール

3階に到着です。
お部屋へ進んでいきましょう。

リッツカールトン京都のグランドデラックス鴨川ビュールーム

ベッドルーム

グランドデラックス鴨川ビュールームお部屋全体の様子

お部屋に入ると、木材を基調とした和モダンな重厚感あふれる空間が広がります。
日本の伝統文化を感じられる客室です。

お部屋の広さは55m2と広々とした作り。

窓は床から天井まで大きなピクチャーウィンドウになっているため、眺望は抜群に良いですよ!

ベッド

ベッドはキングサイズ。
体を包み込むような寝心地で眠りやすいマットレスでした。

ベッドサイドにあるBluetoothスピーカー

ベッドサイドには、各種電源ボタン、Tivoll Audio(チボリオーディオ)のBluetoothスピーカーが用意されています。

スピーカーのメーカーはリッツカールトン東京と同じですね。
音質は非常に良く、クラシックやジャズなどを流して音楽を楽しみました。

ソファ

ベッドの反対側にあるソファー。
こちらのソファかなり大きく、身長172cmの私でものんびり寝転がれるほどの大きさ。

SONY製の47インチ液晶テレビ

テレビはSONY製の47インチ液晶テレビ。
テレビ番組は、英語のニュース番組やスポーツ番組などグローバルなチャンネルが豊富に用意されています。

スマートテレビ非対応のため、お部屋でNetflixやYouTubeを楽しみたい場合は外部端末を持参する必要があります。

ダイニングテーブル

窓側に用意されているダイニングテーブル。
テーブルが大きいため、デスクワークや食事などがしやすく大変便利でした◎

お部屋から見える京都の景色

窓からは、鴨川と東山三十六峰のパノラマビューを楽しめます。
都会にあるような高層階のお部屋から眺めるシティービューとは異なり、京都の自然を感じられる景色。

ぼんやりと眺めていると時の流れを忘れさせてくれるような素敵な眺望です。

窓際に飾られている盆栽が和を感じさせてくれます。

お部屋から見える晴天の京都景色

お部屋の注意点として、リッツカールトン京都のお部屋は低層階のため、着替える際などは、すだれを下ろした方が良いと思います。

宇治抹茶せんべい

宇治抹茶せんべい。
こちらは無料でいただけます。

ウェルカムギフト

ランチ後、お部屋に戻ると、フルーツの盛り合わせと、ピエールエルメのチョコレートやパウンドケーキの盛り合わせがテーブルに置かれていました。

事前に記念日で伝えていたため、ホテルからのサプライズとのことです。

ミニバー

ミニバーエリア

続いてミニバーエリアを見ていきます。

ミニバーはベッドルームへつながる廊下にあります。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターはあらかじめ4本用意。
もちろんスタッフの方にリクエストすれば何本でもいただけます!

ネスプレッソマシーン

ネスプレッソマシーン。
あらかじめ、タンクの中に水が入っていて、いつでも淹れたてのコーヒーが飲める仕様。
リッツカールトン東京・大阪でも同じように準備されていました。

コーヒーカプセル

コーヒーカプセルは全3種類。

引き出しの中に入っていたティーバッグ類

おしゃれなティーセットとロンネフェルトのティーバッグ。

お皿

お皿もおしゃれなデザイン。

グラス類

フルートグラスやウィスキーグラス。

ミニバー

ワインやリキュール類。

赤ワインはなんと、オーパスワンが用意されていました。
ハーフボトルで1本45,000円ほどでした。
さすが、リッツカールトン価格!

冷蔵庫

冷蔵庫の中には有料のドリンクはびっしり。
持参したドリンクやスイーツを冷蔵するにはやや不便。

お値段は缶サイズのペプシコーラで1000円ほどでした。

茶器セット

風呂敷包みを開けてみると、茶器セットがありました。

ウェットエリア

ウェットエリア全体の様子

続いて、ウェットエリアを見てみましょう。

シンク周りも和を感じられるデザイン。

ダブルシンク仕様のため、夫婦や恋人と宿泊する際にシンクの取り合いをせずに済みます。
また、ボウルの底が深い作りになっているため、水が飛び散りにくく、使いやすかったです。

鏡中央にはテレビが備え付いていて、湯船に浸かりながらテレビを楽しめます。

基礎アメニティの入った漆塗りの箱

基礎アメニティは漆塗りの箱に収納。

箱の中に入っているアメニティ類

箱の中を開けてみると、箱に入ったアメニティセットが一式入っています。
また、事前にホテルへリクエストしていた基礎化粧品セットも用意されていました。

化粧品セットの中に乳液ではなく、美容オイルが入っていたため、使い方に少し戸惑ってしまいました。
可能であれば、乳液も含めて欲しかったです。

京都しゃぼんやの石鹸

石鹸は「京都しゃぼんや」によるハンドメイド製。

ハンドメイドソープは中に金粉が入っていて高級感のある作り。
また、ハンドソープだけでなく、洗顔料としても使用できます。

ドライヤー

ドライヤーは有名ブランド「Nobby」とコラボしたテスコム製。
1万円ほどのドライヤーです。

ただ、リッツカールトン東京と同じく、レプロナイザーを置いてほしかったのが本音です!

バスルーム

バスルームは洗い場付き。
日本人に嬉しい作りですね。

シャワーはヘッドタイプとレインタイプの2種類。
レインシャワーの水圧が弱く使いづらかったです。

アスプレイのバスアメニティ※写真はリッツカールトン大阪に宿泊した際のものです。

バスアメニティはリッツカールトン共通ブランド「アスプレイ」

フレッシュシトラス系の香りで、エレガントさを香りで表現しています。
シャンプーが少しきしみやすいため、コンディショナーの使用は必須。

桜の模様をあしらったバスルームデザインバスルームの壁は、桜の模様をあしらったバスルームデザイン。

バスタブ

バスタブは深めの作りなっていて、肩までゆったりと湯船に浸かれます。
バスピローも用意されているため、より一層バスタイムを至福のひとときにしてくれます。

バスソルト

バスソルト。
京都しゃぼんやで作られたひのきとゆずの2種類用意されています。

クローゼット

クローゼットの中

クローゼットの中には、麻100%の浴衣、今治産のタオルとバスローブ・スリッパを用意。

バスローブは、リッツカールトン東京や大阪で置いてある、膝丈の短いものではなく、足元まで隠れる長めのバスローブでした。
今治産の生地が使われているため、着心地は抜群。

スリッパ

スリッパはふかふかタイプ。
茶色のデザインがおしゃれ。

上下セパレート式のパジャマ

パジャマはお部屋に用意されていないため、ホテルへリクエストすると用意していただけます。
エジプト綿を使った上下セパレート式のパジャマです。

リッツカールトン京都の館内施設

ここからは館内施設の情報についてご紹介します。
ちなみに、リッツカールトン京都にはクラブラウンジの併設は無いため注意してください。

ロビーラウンジ

ロビーラウンジ全体の様子

ロビーラウンジ。

こちらでは、ピエールエルメのチョコレートやマカロン、スイーツなどを贅沢に使ったアフタヌーンティーが楽しめることで人気があります。

また、テラス席も用意されているため、涼しい季節はテラス席でのんびりと紅茶やシャンパンをいただきながら、アフタヌーンティーを楽しむといった非日常の贅沢もできますよ◎

次に再訪する際はラウンジで優雅にアフタヌーンティーを楽しみたいですね。

ピエール・エルメ・パリ

ピエール・エルメ・パリのブティックの様子

同ロビー階にはピエール・エルメ・パリのブティックショップもあります。

ショップでは、ピエールエルメのマカロン、チョコレート、ケーキ、クッキーなどさまざまなスイーツを購入できます◎

ピエールエルメパリのクロワッサン

また、こちらのショップでは、世界一のクロワッサンと評されているクロワッサンも購入可能です。

ピエールエルメのクロワッサンは国内でも、京都のブティックショップを含めて、青山店、新宿伊勢丹のみの販売となっているため、ぜひ訪問した際はお土産に購入されてみてはいかがでしょうか。

リッツカールトン京都へのアクセス

・JR京都駅より車で15分
・地下鉄東西線「京都市役所前駅」より徒歩3分

・駐車場台、1泊4,000円(バレー式機械駐車場)

京都駅よりタクシーで向かわれる際は1,500円程度です。

リッツカールトン京都にタダで宿泊する方法

当ブログでご紹介しているマリオット系列のホテルは、リッツカールトン京都を含め、マリオットポイントを使った無料宿泊が可能です。

マリオットポイントを貯める方法は様々ありますが、最も効率よくポイントを貯められる方法は「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」を発行すること!

カードを発行すると、マリオット系列のホテルをお得に楽しむための様々な特典が用意されているだけでなく、100円の決済につき3ポイントもポイントを貯められるため、毎月一定の決済額がある方は、年間に何度もポイントを使って高級ホテルへの宿泊が可能です◎

さらに2023年2月現在、新規入会キャンペーンを実施中!

キャンペーン中にマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードに新規入会すると39,000pt獲得できます。

獲得ポイント数の内訳は以下の通りです。

公式サイト経由でお申し込みした場合

・3ヶ月以内に30万円利用で30,000ポイント
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000Pポイント
合計:36,000ポイント

一方でアメックスの公式サイト経由ではなく、マリオットボンヴォイアメックス既存会員からの紹介制度を活用してお申込みいただくと最大45,000ポイント獲得可能です。

内訳は下記の通りです。

当サイトよりお申し込みいただいた場合
・3ヶ月以内に30万円利用で36,000ポイント
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000ポイント
合計:45,000ポイント

つまり、公式サイト経由のお申し込みよりも6,000pt多くもらえる計算に!!

ちなみに、45,000ポイント獲得すると、「Wホテル」や「ウェスティン」といった最高級ホテルにタダ泊まれます!

当サイトでは随時、紹介制度を活用したマリオットボンヴォイアメックスカードのお申し込みを受付中です。

今すぐにでも発行したい!という方は下記フォームにメールアドレスを記入して「送信」ボタンをクリックしてください!

    ※15秒以内にご入力いただいたメールアドレス宛てに紹介URLをお送りいたします。
    ※お送りしたURLよりカードお申し込みの手続きを進めてください。
    ※入会手続きを進めるにあたって、個人情報が私に提供されることは一切ありませんのでご安心ください。

    ちなみに、私はこれまでにマリオットポイントを使って下記のようなラグジュアリーホテルに無料宿泊しました。

    ザプリンスギャラリー東京紀尾井町の客室ザプリンスギャラリー東京紀尾井町

    ザリッツカールトン東京の客室ザリッツカールトン東京

    ザリッツカールトン大阪の客室ザリッツカールトン大阪

    さらにマリオットポイントは無料宿泊だけでなく、世界中のさまざまな航空会社が提供するマイルと交換することも可能です。

    そのため、マリオットポイントをマイルへ移行して憧れのビジネスクラスの特典航空券を発券するといったこともおすすめ!

    2022年9月7日より、海外から帰国する際72時間前のPCR検査が条件付きで撤廃されたことで、より身近に海外旅行を楽しめるようになりました。

    ANAビジネスクラスシート東京ーロンドン線のANA新ビジネスクラス「THE Room」

    羽田ーロンドン線で提供された機内食東京ーロンドン線のビジネスクラスで提供される機内食

    私は以前、18万ポイントをANA75,000マイルに移行し東京⇄ロンドン間の往復ビジネスクラス特典航空券を発券しました。
    ※ちなみにANAやJALのマイル還元率は1.25%。60,000pt移行ごとに25,000マイルと交換できます。

    さらにマリオットボンヴォイアメックスカードを発行すると、ザッと下記のような特典を受け取れます。

    マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの特典
    ・マリオットボンヴォイゴールドエリート会員付帯。

    ・日々のお買い物100円の決済ごとに3ポイント付与。

    ・マリオット系列のホテルに宿泊する際は100円につき6ポイント付与。
    ・毎年カード更新のタイミングでマリオットポイント最大65,000ポイント以下のホテルに無料宿泊。
    ・「リッツカールトン」や「セントレジス」ホテルに2泊以上すると、100ドルのホテルクレジットをプレゼント。

    ・国内外29の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能。

    ・最高1億円の国内外旅行保険。

    どれも魅力的な特典ばかりですよね!
    ただ、デメリットとしては年会費が49,500円とやや高めの価格設定であるところ。

    ですが、上記の特典をフル活用すれば年会費は間違いなく回収できます!

    期間限定の新規入会キャンペーンを上手く活用して、よりお得に国内・海外旅行を楽しんでくださいね!

      リッツカールトン京都は日本最高峰のラグジュアリーホテルだった

      ホテル外観

      今回はリッツ・カールトン京都の宿泊記をお届けしてきました。

      ホテルの施設、客室さまざまな場所で和の美しさを感じられて、改めて日本伝統の素晴らしさを再認識できました。

      またハード面だけでなく、スタッフの方々のホスピタリティの高さを大変素晴らしく、まさに日本を代表するラグジュアリーホテルといっても過言ではないと思います。

      ぜひ、一度宿泊されてみてはいかがでしょうか。

      朝食のレビューはこちら

      プールなどのフィットネスエリアのレビューはこちら

      スポンサーリンク