全3回に分けてお届けしているTheRuMa Hotel and Residencesの宿泊記。

第三回に当たる今回はRuMaレジデンスのプールやジムを中心にご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

RuMaホテルレジデンスの宿泊記

前々回から全3回に分けて「TheRuMa Hotel and Residences」の魅力についてたっぷりとご紹介していきたいと思います。

第一回 RuMaホテルレジデンス【お部屋編】

第二回 RuMaホテルレジデンス【朝食編】

今回→第三回 RuMaホテルレジデンス【プール編】

スポンサーリンク

RuMaホテルレジデンスのプール

深めのプール

RuMaレジデンスのプールはホテルの屋外にむき出し状態で設置されており、晴れた日は日差しを浴びながらプールを楽しむことができます。プールの水深は1.2メートルほどで小さいお子さんには深めだと思います。しかし、プールの端っこには浅めの作りをしたキッズ用のプールもあるので家族連れで訪れる際も安心ですよ。

プールのタイルには所々ゴールドのタイルが散りばめており、プールを泳いでいてもラグジュアリー感を味わうことができます。

 

デッキチェア

デッキチェアもあり、日光浴を楽しんだり、読書をしたり、スマホをしたりと贅沢な時間を過ごすこともできます。写真には写っていませんが、プールの端っこにいくとペトロナスツインタワーを眺めることもできます。

 

浅めのプール

プールからはクアラルンプールのビルやマンションを眺めることができます。ちなみにこちらに写っているプールが子供用の浅めの作りをしているプールになります。

 

プールサイドの空間

プールサイドは都会のラグジュアリーホテルの雰囲気を忘れさせてくれる南国のビーチリゾートホテルのような空間作りをしています。インスタ映え間違いなしのエリアです。プールサイドにはデイベッドが3台と奥にはデッキチェアが複数あり、都会にいながらもプールでだらだらと贅沢な時間を過ごせるような空間となっています。

また、大きなバスタオルの貸し出しと無料のミネラルウォーターも置いてありますよ。

 

デイベッドやソファ

ソファや椅子などもハイセンスなもの配置しています。私は鳥かごのような作りをしているデイベッドでお昼寝をしたり、パソコンを持参して仕事をしたりとリラックスした時間を過ごすことができました。

 

アイスコーヒー

また、プールエリアにはバーの設置もあり、近くを通っているスタッフにお願いをすれば、軽食やドリンクを注文することもできます。私はアイスコーヒーを注文しました。スタバのサイズで言うならグランデサイズ以上あるアイスコーヒーが運ばれてきました。

こちらでお値段500円程度です。ホテル価格としてはかなり良心的な価格設定になっていると思います。また、サンドイッチやハンバーガー等の軽食もそこまで高くなかったのでランチとしてプールサイドのバーを利用しても良いかもしれませんね。

ただ、ここで残念ポイントが一つ。こちらのプールエリアは禁煙エリアではないので外国人の方がタバコを吸っていました。

タバコの匂いでせっかくのリラックスタイムが台無しになんてこともありえます。この点に関しては、プールエリアに喫煙エリアを設けるなど対策をして欲しいなぁと思いました。

ジム

ジム

プールの奥にある道を進んでいくとジムがあります。私がジムを訪れた際は清掃員の方しかおらず静かでした。ジムは小さめの作りですが、最新鋭の設備が揃っており、普段から体を鍛えている方にも安心して利用できます。

ジム内にはタオルの貸し出しや冷えたミネラルウォーターが置いてあります。

RuMaレジデンスのプールは大人の隠れ家にふさわしい設計だった

RuMaレジデンスプール

今回はRuMaレジデンスのプールやジムについてご紹介してきました。RuMaレジデンスは2018年に完成したばかりの新しいホテルなので設備が非常にきれいでした。それだけでなく、他のラグジュアリーホテルと比較しても空間の作り方が上手だとおもいます。

都会の喧騒を忘れさせてくれるようなプールエリアはRuMaレジデンスに滞在する際はぜひ訪れることをおすすめします!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事